歌越駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
歌越駅
うたこし
Utakoshi
共成 (2.6km)
(4.8km) 天塩金浦
所在地 北海道天塩郡遠別町字歌越
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 羽幌線
キロ程 94.2km(留萠起点)
電報略号 ウア
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1958年昭和33年)10月18日
廃止年月日 1987年昭和62年)3月30日
備考 羽幌線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の歌越駅と周囲約500m範囲。上が幌延方面。島式ホーム1面2線を持つが、既に無人駅でホーム外側本線が使用されている。駅舎側本線は撤去されていない。周囲は牧草地帯。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

歌越駅(うたこしえき)は、かつて北海道天塩郡遠別町字歌越に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)羽幌線廃駅)である。電報略号ウア。羽幌線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月30日に廃駅となった。

一部の普通列車は通過した(1986年(昭和61年)11月1日改定の時刻(廃止時の時刻表)で、下りのみ1本(急行「はぼろ」後継の主要駅停車列車。上りは停車)[1]。)。

歴史[編集]

  • 1958年(昭和33年)10月18日 - 日本国有鉄道(国鉄)羽幌線の初山別駅 - 遠別駅間延伸開通に伴い開業[2]一般駅
  • 1970年(昭和45年)9月7日 - 貨物・荷物の取り扱いを廃止し、同時に無人駅化。
  • 1987年(昭和62年)3月30日 - 羽幌線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅名の由来[編集]

所在地名より。アイヌ語の「オタク̪ㇱペッ(ota-kus-pet)」(砂浜・を通っている・川)に由来すると考えられるが[2][3]、地名化した経緯は不明である[3]

駅構造[編集]

廃止時点で、島式ホーム片面使用の1面1線を有する地上駅であった。ホームは、線路の西側(幌延方面に向かって左手側)に存在した。かつては、島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な職員配置駅であった。使われなくなった駅舎側の1線は、交換設備運用廃止後も側線として残っており、1983年(昭和58年)時点では留萌方、幌延方両側の転轍機も残存していたが[4]、その後留萌方の転轍機と線路が途中まで撤去された。

無人駅(簡易委託駅)となっていたが、有人駅時代の木造モルタル塗り[4]の駅舎が残っていた。駅舎は構内の北西側に位置し、ホーム北側とを結ぶ構内踏切で連絡した[4]。また、駅前には職員用宿舎が2棟8戸存在した[4]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

駅舎や駅構内の施設は既に撤去され、現在は、牧場のサイレージ置き場になっている。また、1999年(平成11年)時点では職員用宿舎の廃屋が残存していた[5]

また、2010年(平成22年)時点では当駅 - 天塩金浦駅間にあったモオタオコシベツ川を渡る6本の橋脚を有するコンクリート橋がほぼ完全な形で残存し[6]、2011年(平成23年)時点でも同様で橋梁上にはバラストや標識も確認できた[7]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
羽幌線
共成駅 - 歌越駅 - 天塩金浦駅

参考文献[編集]

  • 国土地理院25000分の1地形図

脚注[編集]

  1. ^ 時刻表『JNR編集 時刻表 1987年4月号』(弘済出版社1987年4月発行)JRニュース13ページより。
  2. ^ a b 『北海道 駅名の起源』 日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、109頁。
  3. ^ a b アイヌ語地名リスト イチャ~エリ P11-20”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2019年3月14日閲覧。
  4. ^ a b c d 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)202ページより。
  5. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVI』(JTBパブリッシング1999年3月発行)23ページより。
  6. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)47ページより。
  7. ^ 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)217-218ページより。

関連項目[編集]