止まっていた時計が今動き出した

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ZARD > 止まっていた時計が今動き出した
止まっていた時計が今動き出した
ZARDスタジオ・アルバム
リリース
録音 2003年
BIRDMAN WEST
GIZA HILLS STUDIO
RED WAY STUDIO
BLUE WAY STUDIO
GREEN WAY STUDIO
STUDIO BIRDMAN
GARDENIA STUDIO日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル B-Gram RECORDS
プロデュース 坂井泉水
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2004年度年間73位(オリコン)
  • 登場回数20回(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • ZARD アルバム 年表
    ときめきメモリアル SOUND BLEND 〜featuring ZARD〜
    2002年
    止まっていた時計が今動き出した
    2004年
    君とのDistance
    2005年
    『止まっていた時計が今動き出した』収録のシングル
    1. さわやかな君の気持ち
      リリース: 2002/05/22
    2. 明日を夢見て
      リリース: 2003/04/09
    3. 瞳閉じて
      リリース: 2003/07/09
    4. もっと近くで君の横顔見ていたい
      リリース: 2003/11/12
    テンプレートを表示

    止まっていた時計が今動き出した』(とまっていたとけいがいまうごきだした)はZARDの10枚目のオリジナルアルバム

    内容[編集]

    ZARDの10枚目のオリジナルアルバム。オリジナルアルバムとしては2001年発売の『時間の翼』以来、3年ぶりという長いブランクを経て発売された。本作はまさに『復活』の狼煙を上げるという意味を込めてのタイトルであったが、この後に製作されるアルバムは結果的に僅か1枚だけとなった。

    タイトル曲の作曲をGARNET CROW中村由利が手がけるなど新しい試みも行われた。また、シングルのカップリング曲が1曲も収録されなかったのは95年に発売された6thアルバム『forever you』以来であった。

    ZARDのオリジナルアルバムの中でカバー曲を一切収録していないのは2ndアルバム『もう探さない』、3rdアルバム『HOLD ME』とこのアルバムだけであり、本作と次作『君とのDistance』はアルバムオリジナル曲が比較的多くなっている。

    このアルバムの発売後に初の全国ツアー「What a beautiful moment」を行っているためか、演奏曲は本作収録曲も多い。

    『君とのDistance』に収録されている「I can't tell」(作曲:栗林誠一郎、編曲:葉山たけし)は、当初は小林哲の編曲でこのアルバムに収録予定で公表されていたが、直前で収録が見送られた。

    織田哲郎の曲が収録されていない唯一のオリジナルアルバムである。

    収録曲[編集]

    作詞は全て坂井泉水が担当している。

    1. 明日を夢見て(Album Mix Version)
      35thシングルの表題曲。アルバムバージョンで、シングルよりバックの音が僅かだが強調されている。
    2. 時間の翼
      • 作曲:大野愛果、編曲:小林哲
      前アルバムの表題曲でありながら未完成だった曲の完成版。編曲が徳永暁人から小林哲に変わり、キーも半音下がっている。ベストアルバムZARD Request Best 〜beautiful memory〜』に収録される。このパターン(徳永→小林への変更)は明日を夢見てと同じ。
      • オリジナルカラオケの音盤化はされていなかったが、2018年2月21日発売「ZARD CD&DVD COLLECTION 第27号 Oh my love」の付属CDにて初音盤化された。
    3. もっと近くで君の横顔見ていたい
      37thシングル。ギター小澤正澄パーカッション車谷啓介が参加している。シングルとは若干ミックスが異なる。
    4. pray
      アルバム発売後の初ライブツアー「What a beautiful moment」のアンコールでも歌われた。
    5. 出逢いそして別れ
      • 作曲:春畑道哉、編曲:春畑道哉・池田大介
      全体的にオリエンタル調のアレンジがなされている。相手に向けての言葉を言っている。「Just believe in love」以来9年振りとなるTUBE春畑道哉作曲。
    6. 止まっていた時計が今動き出した
      本アルバムの表題曲。テレビ朝日ドラマ異議あり!女弁護士大岡法江』の主題歌。ライブツアーでも歌われた。セレクションアルバム『Brezza di mare 〜dedicated to IZUMI SAKAI〜』にも収録されている。
      作曲を担当したGARNET CROWの中村由利にとっては唯一の提供曲であったが、大変思い入れの強い曲となり、2007年のZARD追悼ライブ、2009年の大阪公演で、この曲を歌った。また中村はこの3年後にラストレコーディングシングル「グロリアス マインド」でもコーラスで参加した。
      • アルバム収録曲だったため、オリジナルカラオケの音盤化はされていなかったが、2017年8月23日発売「ZARD CD&DVD COLLECTION 第14号 止まっていた時計が今動き出した」の付属CDにて初音盤化された。
    7. 瞳閉じて
      • 作曲:大野愛果、編曲:徳永暁人
      36thシングル。坂井は「この曲を聴いて「今日も一日元気を出そう」と思って貰えたら嬉しい」とコメントしている。
    8. さわやかな君の気持ち(Album Ver.)
      • 作曲:徳永暁人、編曲:Dr.Terachi&Pierrot Le Fou
      34thシングル。今回の収録で大幅にロック調に、キーも半音(E調→♭E調)低く修正。打ち込み主体のZARDの楽曲では珍しく、生音のドラムが使用されている。
      アレンジャーのDr.Terachiは寺地秀行、Pierrot Le Fouは窪田博之である。
    9. 愛であなたを救いましょう
      息もできないと同時期に制作された、栗林誠一郎作曲のストックである。
      編曲を手がけた明石は、この楽曲を大阪でレコーディングしたことに対して、かなりの不満を抱いていた。
      坂井が黒いシャツを着て歌う姿を収録したビデオクリップが制作された。
    10. 天使のような笑顔で
      • 作曲:大野愛果、編曲:徳永暁人
      本作では最も短い曲で、4分足らずで終わってしまう。事前告知では編曲は小林哲だった。
    11. 悲しいほど 今日は雨でも
      • 作曲:大野愛果、編曲:小林哲
      元々この曲はボサノヴァ調のアレンジで、歌詞もゆったりした内容を書く予定だったが、アレンジと共に詞の方向性も変わった。アルバムの最後にバラード以外の楽曲が来るのは本作が初めてで、唯一となっている。

    クレジット[編集]

    • Directed by Izumi Sakai
    • Recorded by Masahiro Shimada, Makoto Fudoh, Katsuyuki Morimoto, Katsuo Urano, Tomoko Nozaki, Hiroyuki Kubota
    • Mastered by Masahiro Shimada
    • Mixed by Tomoko Nozaki, Masahiro Shimada, Akio Nakajima
    • Art Direction, Design:Be Planning
    • Photo by Norikazu Tatsukawa, Hiromi Kyo
    • Director:Hiroshi Terao

    参加ミュージシャン[編集]

    など

    関連項目[編集]