正しいことを考え実行する会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

正しいことを考え実行する会(ただしいことをかんがえじっこうするかい)は、日本議員連盟。略称は正しい議連(ただしいぎれん)。

概要[編集]

自由民主党に所属する国会議員らが参加しており、派閥横断型の勉強会である。園田博之小坂憲次らを中心に2007年8月に結成された[1]。いったん活動を停止していたが、2008年2月より与謝野馨らも加わり活動を再開した[1][2]

小泉純一郎が提唱した「聖域なき構造改革」に従い、第3次小泉改造内閣経済財政諮問会議は、2011年度までの基礎的財政収支プライマリーバランス)黒字化を目標として打ち出した[3][4]。正しい議連に参加する議員は、小泉政権による黒字化目標を支持する者が多い。会合にて園田が「消費税増税は緊急の課題だ。放っておけば福祉の切り捨てにつながる」[1]と述べるなど、増税を伴う財政再建に積極的な姿勢を示している。小泉の掲げたプライマリーバランス黒字化達成を目指し財政再建を主張する議員らは、「財政再建重視派」、「財政タカ派」と呼ばれることが多い。それに対し、2011年度以降への達成時期先延ばしを主張する麻生太郎らは「黒字化目標先送り派」[5]、増税時期の先延ばしを主張する中川秀直らは「上げ潮派」などと呼ばれ、「財政再建重視派」と対立している。なお2010年、与謝野馨会長・園田博之会長代行が自民党を離党したちあがれ日本を結党した。

メンバー[編集]

部会[編集]

経済運営理論研究部会

  • 部会統合役 - (空席)
  • 部会長 - (空席)
  • 部会長補佐 - 柳本卓治(二階派)
  • 部会運営役 - 塩崎恭久(岸田派)
  • 所属部会員 - 31名

財政運営理論研究部会

  • 部会統合役 - (空席)
  • 部会長 - 小坂憲次(無派閥)
  • 部会長補佐 - (空席)
  • 部会運営役 - 上川陽子(無派閥)
  • 所属部会員 - 18名

金融運営理論研究部会

  • 部会統合役 - 木村義雄(石原派)
  • 部会長 - 中谷元(谷垣派)
  • 部会長補佐 - (空席)
  • 部会運営役 - 竹下亘(竹下派)
  • 所属部会員 - 15名

所属していたメンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「『正しい議連』活動再開――与謝野氏も参加」『「正しい議連」活動再開 与謝野氏も参加 - MSN産経ニュース産経デジタル2008年2月21日
  2. ^ 「正しいことを考え、実行する会」『滋賀市民新聞(中央政界特報)』滋賀報知新聞社、2008年3月11日
  3. ^ 経済財政諮問会議「歳出・歳入一体改革」中間とりまとめ2006年4月7日
  4. ^ 経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006について2006年7月7日
  5. ^ 「麻生氏、景気優先鮮明に――基礎収支黒字化先送り検討――『選挙の顔』を意識――政府・与党内で路線対立」『日本経済新聞日本経済新聞社2008年8月6日、3面。

関連項目[編集]