正嘉地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
正嘉地震
本震
発生日 1257年10月9日(正嘉元年8月23日)
発生時刻 20時頃
震央 日本の旗 日本, 相模湾
規模    M7.0〜7.5
被害
死傷者数 死者多数
被害地域 関東地方
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

正嘉地震(しょうかじしん)または正嘉鎌倉地震は、ユリウス暦1257年10月9日頃、日本関東地方南部で発生した大地震。規模はM7.0-7.5間と推定され[1][2]、震源地は、相模湾と推定される[3]。この地震は、相模トラフ巨大地震の可能性がある[4][5]

概要[編集]

この地震は、鎌倉時代中期、正嘉元年8月23日に関東地方南部で発生し、大きな被害をもたらした。 鎌倉幕府が開かれて以降、鎌倉で地震が多発し、多くの被害があったことが、鎌倉幕府史書吾妻鏡』により、判明している[6]。 その中でも、この地震を含め、仁治2年正応6年の地震などは特に大きかった。それらの地震の被害について記された文献も見つかっているが、鎌倉以外の他の地域および全体的な被害は詳しく分かっていない[7]

被害[編集]

鎌倉では神社仏閣の被害が激しく[8]山崩れや家屋の転倒が多く発生し、一部の地点では地割れや水の噴出が発生し、液状化現象も起きた[9][10][11]。中下馬橋付近では、青い炎が出たという[11]津波も発生し、現在の岩手県久慈市など、東北地方太平洋沿岸にも津波が襲来したという[12][信頼性要検証]。また、余震も多く発生した[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本付近のおもな被害地震年代表”. 2019年7月31日閲覧。[要ページ番号]
  2. ^ 1257(正嘉元)年と1293(正応六)年の鎌倉大地震 : 史料による相模トラフ巨大地震の再確認”. 2019年7月31日閲覧。
  3. ^ 地震−震源地とマグニチュード一覧”. 2019年7月31日閲覧。[要ページ番号]
  4. ^ 石橋克彦(1977): 「1703년 元祿関東地震の震源域と相模湾における大地震の再来周期 (第1報)」 『地震 第2輯』 Vol.30, No.3, 369-374, doi:10.4294/zisin1948.30.3_369
  5. ^ 地震調査研究推進本部(2014) 相模トラフ沿いの地震活動の長期評価(第二版)について[要ページ番号]
  6. ^ 中村一明松田時彦、守屋位智雄 『火山と地震の国』、岩波書店、98頁。ISBN 4-00-007679-5
  7. ^ 力武常次、竹田厚監修『日本の自然災害』、国会資料編纂会、46頁。ISBN 4-906474-06-3
  8. ^ 中世の自然災害”. 2019年7月31日閲覧。
  9. ^ 1257(正嘉元)年と1293(正応六)年の鎌倉大地震 : 史料による相模トラフ巨大地震の再確認”. 2019年7月31日閲覧。
  10. ^ 日本付近のおもな被害地震年代表”. 2019年7月31日閲覧。[要ページ番号]
  11. ^ a b c 力武常次、竹田厚監修『日本の自然災害』、国会資料編纂会、59頁。ISBN 4-906474-06-3
  12. ^ 関東地方の地震(歴史) | 日本の地震”. 2019年7月31日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]