正岡大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
正岡 大介
Daisuke Masaoka
正岡 大介 Daisuke Masaokaの画像
プロフィール
リングネーム 正岡 大介
本名 正岡 大介
ニックネーム デスマッチ・ジャンキー
身長 168cm
体重 70Kg
誕生日 (1983-10-10) 1983年10月10日(35歳)
出身地 愛媛県今治市
所属 プロレスリングFREEDOMS
トレーナー ディック東郷
デビュー 2004年11月7日
テンプレートを表示

正岡 大介(まさおか だいすけ、1983年10月10日 - )は、日本プロレスラー

来歴[編集]

2004年11月7日東海プロレスの対根本薫戦でデビュー。

2006年6月、愛知県刈谷市DEPに移籍。

2008年4月27日KAIENTAI DOJO刈谷大会にて房総ボーイ雷斗の持つUWA世界ミドル級王座に挑戦するも奪取ならず。

9月13日、DEP第16戦にて小杉研太とのタッグでYUJI KITO&柴山貴哉を破り、アイモール杯タッグトーナメントを優勝。初代DEP無差別級タッグ王者に認定。

12月31日後楽園ホールにて行われたプロレスサミットに出場。セミファイナルの6人タッグに抜擢されるも自らフォールを奪われてしまった。

2009年頃より、大日本プロレスD-DASH、BOYS、666等他団体へも積極的に参戦している。

6月9日に開催されたD-DASHのウルトラマンティス・ブラック戦にて試合中にヒジを負傷し欠場していたが、9月6日DEPのアイ・モール三好大会で復帰した。

2010年10月のDEP四周年記念興行にて、同年12月をもってプロレスラーを引退することが発表され、12月19日に中スポーツセンターにて引退興行が開催された。今後は競艇選手になることを目標としていくと語った。

しかし、競艇選手の夢は叶わず、フリーランスとして2012年12月にプロレス復帰。道頓堀プロレスを中心に、2013年にはK-DOJOやVKFやFREEDOMSなどとインディー団体にも参戦し、2014年1月8日よりFREEDOMSに入団した[1]。なお入団後もフリー時代に参戦していた道頓堀プロレスには継続参戦し、大日本プロレス大阪大会にも時折参戦している。また同年のデスマッチトーナメントに参戦し、以降そのままデスマッチ戦線にも加わって活動している。

2016年5月2日、KING of FREEDOM WORLD選手権王座の第6代王者決定戦で葛西純と対戦し敗北。しかし同年12月26日の同王座戦でビオレント・ジャックを破りベルト獲得した。

2017年1月3日、新木場での「ダムズ初め2017 新春!お年玉争奪ワンデートーナメント」では吹本賢児杉浦透進祐哉を破り優勝[2]

8月27日の後楽園ホール大会では、KING of FREEDOM WORLD選手権王座の防衛戦を行い、ミエド・エクストレモと対戦。エクストレモと頭突き合戦を行い、途中蛍光灯束を抱えたままコーナーからのスパニッシュフライを繰り出し、最後は乾山テーブルへのスパニッシュフライで3カウント。記録は19分22秒で片エビ固め。試合後、正岡は「ミエド、俺はアイツに惚れた。なんでこんなにやりたいと思う相手が目の前からいなくなるんだよ!?何度でも何度でもやりたい、組んだっていい。ダムズまた来いよ!」と、この試合を持って帰国となるエクストレモは「ササキサン、ワンチャンス!モウイッカイ、オネガイシマス!」と、それぞれ再戦を所望した[3]

得意技[編集]

ムーンサルトプレス
ダイナスター
WA4と同型。
ロクーラ改
ランニングダブルニーアタックと同型。仰向けになった相手の上半身を引き起こして尻餅をつかせた状態にして相手と距離をとって助走してジャンプしながら両膝を突き出すように両膝を折り畳み、突き出した両膝を相手の顔面目掛けて叩き込む。
トランスレイヴ

タイトル歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 正岡大介選手が、プロレスリングFREEDOMSに入団。。。 天通王(てつお)のブログ 2014年1月8日
  2. ^ http://pw-freedoms.co.jp/event_detail.php?id=954
  3. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号pp.125.