正岡律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
左より律、養子・忠三郎、母・八重。忠三郎が養子となって間もないころの写真。

正岡 律(まさおか りつ、明治3年10月1日1870年10月25日) - 昭和16年(1941年5月24日)は、財団法人子規庵保存会初代理事長である。愛媛県出身。俳人・正岡子規の妹。

略歴[編集]

正岡常尚と八重の長女として生まれる。兄は俳人の正岡子規である。幼少時に父が亡くなったため、母が女手一つで子規と律を育てた。

最初は明治18年(1885年)に陸軍軍人と結婚するが同20年(1887年)に離縁、2度目は明治22年(1889年)に旧制松山中学校(現在の愛媛県立松山東高等学校)教師と結婚するも翌年に離縁。

明治35年(1902年)に兄の子規が亡くなると家督を相続し、翌年に共立女子職業学校に入学、卒業後は母校の事務員を経て和裁の教師となる。大正3年(1914年)に母方の叔父・加藤恒忠の三男・忠三郎を正岡家の養子として迎える。

大正10年(1921年)、母の八重の看病のために退職した後、子規庵(昭和27年(1952年)に東京都史跡、同35年(1960年)に東京都文化財に指定された)で裁縫教室を開き、生計を立て、昭和3年(1928年)に財団法人子規庵保存会初代理事長となった。

演じた女優[編集]

関連項目[編集]