正忍記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
正忍記の1頁

正忍記』(しょうにんき、せいにんき)は、1681年天和元年)に紀州藩軍学者名取正澄によって書かれた忍術[1]。上中下の3巻からなる。

紀州に伝わる武術流儀のひとつ名取流軍学の中に含まれる忍術である。

出典[編集]

  1. ^ 忍者の兵法 三大秘伝書を読む 著者 中島 篤巳