正木清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
正木清

正木 清(まさき きよし、1900年明治33年)5月30日 - 1961年昭和36年)4月12日)は、日本政治家衆議院議員衆議院副議長(第40代)を務めた。

来歴・人物[編集]

福島県出身。24歳の時北海道小樽市に移住し、運輸業を自営する傍ら社会大衆党に参加。道議札幌市議を経て、1942年第21回衆議院議員総選挙に、非推薦議員ながら北海道1区から出馬し初当選。戦後、日本社会党に入党し芦田内閣商工政務次官1949年の総選挙では落選したが、その次の1952年総選挙左派社会党から出馬し復帰。左右社会党統一後の1958年12月13日椎熊三郎の辞任に伴い第40代衆議院副議長に就任。1960年1月30日まで務めた。ほかに、衆議院運輸及び交通委員会委員長、衆議院運輸委員会理事、衆議院運輸委員会委員などの要職を歴任した。1960年の総選挙で落選し、その翌年の4月12日死去。享年60。

ジャーナリストの本澤二郎は、義理の甥にあたる。

参考文献[編集]

  • 『正木清伝 ― 民衆とともに歩んだ60年』労働旬報社、1969年。


議会
先代:
椎熊三郎
日本の旗 衆議院副議長
第40代:1958年 - 1960年
次代:
中村高一
先代:
新設
日本の旗 衆議院運輸及び交通委員長
1947年 - 1948年
次代:
川野芳満