正村俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

正村 俊之(まさむら としゆき、1953年 - )は、日本社会学者大妻女子大学社会情報学部教授。専門は、社会学コミュニケーション論メディア論

略歴[編集]

1953年東京都生まれ。1977年横浜国立大学経済学部経済学科卒業。1983年東京大学大学院社会学研究科単位取得退学後、関西学院大学社会学部専任講師・助教授を経て、1995年東北大学文学部教授に就任。2000年東北大学大学院文学研究科教授。2014年現職。

研究[編集]

現代社会や日本社会に関わる社会的・文化的な現象を社会的コミュニケーション論や社会情報学の視点から研究している。

正村の社会学理論の特徴は、主にニクラス・ルーマン社会システム論を土台にしながらも、社会的コミュニケーションが有する結合/分離の力学に焦点を据えて、情報論的、メディア論的に展開される点にある。その論は、「秘密」をキーとした日本人のコミュニケーション論といった経験論的なものから、写像概念をベースとした情報・記号・意味の連関を問い直す原理論、さらには、グローバル化にもたらす時空的秩序の再編を射程に収める現代社会論と多岐にわたる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『秘密と恥―日本社会のコミュニケーション構造』(勁草書房, 1995年)
  • 『情報空間論』(勁草書房, 2000年)
  • 『コミュニケーション・メディア―分離と結合の力学』(世界思想社, 2001年
  • 『秘密和耻辱』(『秘密と恥』中国語版、周維宏訳)(商務印書館, 2004年
  • 『グローバル社会と情報的世界観―現代社会の構造変容』(東京大学出版会, 2008年
  • 『グローバリゼーション―現代はいかなる時代なのか』(有斐閣, 2009年

共著[編集]

編著[編集]

共編著[編集]

  • 伊藤守・小林宏一)『電子メディア文化の深層』(早稲田大学出版部, 2003年)
  • (伊藤守・西垣通)『グローバル社会の情報論』(早稲田大学出版部, 2004年)
  • (伊藤守・西垣通)『パラダイムとしての社会情報学』(早稲田大学出版部, 2003年)
  • (伊藤守・ 林利隆)『情報秩序の構築』(早稲田大学出版部, 2004年)

訳書[編集]