正田文右衛門 (6代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

六代 正田 文右衛門(ろくだい しょうだ ぶんえもん、1890年明治23年)12月9日[1] - 1973年昭和48年)7月25日[2])は、日本の実業家、醤油醸造家正田醤油、館林航器各社長[3]。亀甲正醸造[3]。日本醤油協会会長。日本栄養食料(現日本農産工業監査役[3]。前名・敏一郎[4]上皇后美智子の実家正田家の本家筋にあたる。

人物[編集]

群馬県邑楽郡館林町(現・館林市)出身。正田文右衛門の長男[4]1914年東京高等商業学校卒業[4][5]。醤油醸造業を営んだ[6]1935年家督を相続し前名・敏一郎を改め襲名した[3]1937年、館林航器を創立[1]。趣味はスポーツ[3]、運動[6]。宗教は浄土宗[3][6]

家族・親族[編集]

正田家

館林目車町(現・栄町

1818年 - 1895年
  • 祖父・四代文右衛門(前名は兼太郎
  • 祖母・しん栃木、長眞人の二女)[7]
  • 父・五代文右衛門(前名は唯一郎、正田醤油取締役社長、館林町長)[4][7]
1858年 - 1941年
  • 母・あつ(栃木、長眞人の四女)[7]
1862年 -
  • 姉・きぬ(群馬、正田貞一郎の妻)[3] - 皇后美智子の祖母。
1880年 -
1895年 -
  • より(群馬、今井泰次郎の妻)[3]
1897年 -
  • 弟・卓治[3]
1899年 -
  • 妻・埼玉、高柳二郎の長女、高柳道弥の姉)[3][4]
1897年 -
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』群馬14頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月1日閲覧。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、632頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第13版 上』シ97頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『人事興信録 第9版』シ88頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月8日閲覧。
  5. ^ 『東京高等商業学校一覧 附・商業教員養成所一覧 自大正3年至4年』264頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年4月13日閲覧。
  6. ^ a b c 『人事興信録 第14版 上』シ95頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月30日閲覧。
  7. ^ a b c 『人事興信録 第4版』し40頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 東京高等商業学校編『東京高等商業学校一覧 附・商業教員養成所一覧 自大正3年至4年』東京高等商業学校、1913-1919年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』帝国秘密探偵社、1943年。

関連項目[編集]