正親町公和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
正親町公和

正親町 公和(おおぎまち きんかず、1881年明治14年)10月14日 - 1960年昭和35年)12月7日)は、華族実業家、『白樺』初期の文学者。その文業は『明治文学全集 初期白樺派文学集』に収められている。

生涯[編集]

伯爵正親町実正の長男として東京に生まれた。弟の実慶も『白樺』の作家で、日下諗(くさか しん)の筆名を持った。学習院初等科に入り、高等科の時に志賀直哉武者小路実篤木下利玄と知り合う。『学習院輔仁会雑誌』の編輯委員となり小品を発表。1906年に高等科を卒業して東京帝国大学英文科に入るが中退。1908年、志賀らと回覧雑誌『望野』を始め、1910年には『白樺』創刊に参画、ほかに里見弴園池公致児島喜久雄らと交わる。始めの一年編集兼発行人となり「萬屋」などを発表。1913年、筆を折って八千代生命に入社、以後、東京電工などに勤務。

父の死去に伴い、1923年12月20日、伯爵を襲爵した[1]。鎌倉にて死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3401号、大正12年12月22日。


日本の爵位
先代:
正親町実正
伯爵
正親町家第2代
1923年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)