正親町実連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
正親町実連
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保5年7月23日1720年8月26日
死没 享和2年9月29日1802年10月25日
官位 従一位権大納言
主君 桃園天皇後桜町天皇
氏族 正親町家
父母 父:正親町公通、母:家女房
兄弟 公成、公梁、裏辻実本、四条隆叙、野宮定俊、実連、山科頼言室、梅園実縄室、生姫、直子
広幡豊忠の娘、安藤次由の娘
公明中山愛親、裏辻公理、脩子
テンプレートを表示

正親町 実連(おおぎまち さねつら)は、江戸時代中期から後期にかけての公卿権大納言正親町公通の末子。官位従一位・権大納言。孝明天皇の高祖父。

経歴[編集]

兄達が若くして死んだり、他家に養子に入るなどしたため、正親町家の家督を継いだ。

享保17年(1732年)に叙任し、侍従となる。享保20年(1735年)に従五位上に昇進すると共に元服。その後、逐次昇進して、左近衛少将右近衛中将丹波介播磨権介蔵人頭などを歴任して、寛延3年(1750年)に従三位参議となり公卿に列した。また同年、踏歌節会外弁を務めている。宝暦3年(1753年権中納言に叙任し、翌年には正三位となった。さらに宝暦6年(1756年)に権大納言となり、宝暦12年(1762年)まで務めた。安永8年(1779年)に従一位に昇る。

享和2年(1802年)に薨去。享年83。家督は子・公明が継いだ。父・公通同様、狂歌を好んだ人物だった。

系譜[編集]