武信由太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武信由太郎
人物情報
生誕 1863年9月5日
因幡国気多郡潮津村
(現・鳥取県鳥取市
死没 1930年4月26日
国籍 日本
出身校 札幌農学校
学問
研究分野 英語学
主な業績 言語辞典の編纂、海外への日本紹介
主要な作品 武信和英大辞典、新和英大辞典
テンプレートを表示


武信 由太郎(たけのぶ よしたろう、1863年9月5日文久3年7月23日) - 1930年昭和5年)4月26日)は、明治大正期を代表する日本の英語学者

経歴[編集]

因幡国気多郡潮津村(現在の鳥取県鳥取市青谷町)出身[1]。官立の名古屋英語学校(のちの愛知県立第一中学校)で学び、札幌農学校の第4期生となる。

卒業後は、長野県中学校飯田支校の英語教員、横浜英字新聞社や『ジャパン・メール』の記者となった。同郷で同窓の頭本元貞(1863年-1943年) と親しく、頭本が福澤諭吉ら政財界の後押しで日本人による初の日刊英字新聞『ジャパン・タイムズ』を1897年に創立したときには副主筆として参画。

1898年、国家の繁栄と進展のためには英語を学ばねばならないとして、ジャパン・タイムズの仕事の傍ら勝俣銓吉郎の協力を得て同新聞のダイジェスト版となる月刊誌『The Rising Generation 青年』(『英語青年』の前身)を創刊し、また、主幹として『英語世界』を主宰した。『青年』は広告料収入などにより地道に発刊が続けられていたが、1904年にはジャパン・タイムズ社内に英語青年社が設けられ、喜安璡太郎に『青年』出版事業を引き渡すこととなった[2]

その後は再び教壇に戻り、東京高等師範学校教諭、そして1905年に早稲田大学教授となる。同年、『The Japan Year Book Office』から日本初の本格的英文年鑑「ジャパン・イヤーブック」を創刊。この年鑑は、日本統治下にあった台湾、朝鮮、樺太、満州の情報を含む日本の政治、経済、社会、文化などあらゆる分野の動向を詳細な統計資料とともに各巻500-800頁ほどにまとめたもので、戦中から戦後まで継続された唯一の英文日本年鑑である[3]。ロンドン、ニューヨークに販売代理店を置き、海外でも広く販売された[3]

1918年(大正7年)、日本初の本格的な和英辞典『武信和英大辞典』を著す。

この辞典は、没後の1940年に『新和英大辞典』と改題して刊行され、現在に至るまで辞典として確固たる名声を得ている。

主な著述[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 気多郡はのち改称し気高郡鳥取仏教青年会
  2. ^ 『青年』は1904年に『英語青年』と改題され、1944年には研究社に引き継がれた。書籍による出版は2009年に終了しウェブ版となった。
  3. ^ a b 西洋の語った、西洋へ語った日本・中国・アジア 洋書学術史資料出版目録エディション・シナプス

関連項目[編集]

参考文献[編集]

伝記
  • 森悟『武信由太郎伝』今井出版、2016年