武内涼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武内 涼(たけうち りょう、1978年2月9日[1] - )は、日本の小説家。

群馬県生まれ[2]早稲田大学第一文学部卒業[1]。映画、テレビの制作に携わった後、第17回日本ホラー小説大賞の最終候補作となった作品を改題・改稿した『忍びの森』でデビュー[3]。2015年『妖草師』シリーズが徳間文庫大賞を受賞、さらに同シリーズで「この時代小説がすごい!2016」“文庫書き下ろし部門”第一位[4]

著書[編集]

『戦都の陰陽師 騒乱ノ奈良編』角川ホラー文庫 2012
『戦都の陰陽師 迷宮城編』角川ホラー文庫 2013
  • 『秀吉を討て』角川書店 2013 のち文庫
  • 『鬼狩りの梓馬』角川ホラー文庫 2014
  • 『忍び道 忍者の学舎開校の巻』光文社文庫 2014
『忍び道 利根川激闘の巻』光文社文庫 2015
『人斬り草 妖草師』2015
『妖草師 魔性納言』2016

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 会員名簿 武内涼”. 日本推理作家協会. 2017年11月2日閲覧。
  2. ^ 小説新潮』2017年7月号. 新潮社. pp. 466. 
  3. ^ 高橋敏夫×武内涼 トークショウ 2017”. 富士ゼロックス. 2017年11月2日閲覧。
  4. ^ 『駒姫』著者紹介