武内維積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

武内 維積(たけうち いせき、1846年3月22日(弘化3年2月25日) - 1903年明治36年)11月7日[1])は、明治期の検察官内務官僚。官選佐賀県知事。幼名・検一郎[1]

経歴[編集]

播磨国揖西郡龍野(現兵庫県たつの市)出身。武内宇三郎の二男として生まれる。林田藩・河野鉄兜に学んだ[1]

1883年12月27日、検事に任官[2]。その後、内務省に転じ、内務権少書記官、大阪府少書記官、同書記官大分県書記官、愛媛県書記官、宮城県書記官などを歴任。

1897年4月、第2次松方内閣により佐賀県知事に任じられた。1898年6月、知事を非職となるが、後任の平山靖彦知事が一月もたたずに免官となったため、同年7月、佐賀県知事に再任。五か月後の同年12月21日に知事を非職となった[3][4]

その後、安田家顧問となった[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『兵庫県人物事典』下巻、94頁。
  2. ^ 『官報』第152号、明治16年12月28日。
  3. ^ 『新編日本の歴代知事』989頁。
  4. ^ 『官報』第4645号、明治31年12月22日。
  5. ^ 『官報』第4172号「叙任及辞令」1897年6月1日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『兵庫県人物事典』下巻、のじぎく文庫、1968年。
  • 官報