武寧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
武寧
琉球国中山王
在位 1396年-1405年

全名 武寧
神号 中之真物
居城 浦添城
出生 1356年
死去 1406年
子女 完寧
王朝 察度王統
父親 察度
母親 眞鍋樽(勝連按司二世の娘)
テンプレートを表示

武寧(ぶねい、1356年 - 1406年? 在位:1396年 - 1405年?)は沖縄の歴史書に登場する王である。神号中之真物(なかのまもの)。[1]

1404年に、永楽帝が冊封使を派遣し、武寧は中山王に琉球で初めて冊封された。(先代の察度が初めてである、とする説もある。)

察度王統最後の王であり、先代の察度の息子である。武寧が国王になってから約10年経った1405年、沖縄統一を目指す尚巴志思紹親子が襲来し、武寧の部下などは、尚氏側に味方した。結果的に、武寧は戦いに敗れ、居城である浦添城を下城した。その後の行方や墓の所在は分かっていない。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ George H. Kerr. (2000). Okinawa: The History of an Island People, p. 52, p. 52, - Google ブックス; although the paramount leaders of Okinawa beginning with Shunten (c. 1166 – c. 1237) are commonly identified as "kings," Kerr observes that "it is misleading to attribute full-fledged 'kingship' to an Okinawan chief in these early centuries... distinctly individual leadership exercised through force of personality or preeminent skill in arms or political shrewdness was only slowly replaced by formal institutions of government — laws and ceremonies — supported and strengthened by a developing respect for the royal office."

関連項目[編集]