武将山虎太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
武将山 虎太郎 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 虎太郎 → 武将山
本名 藤原 虎太郎
生年月日 (1995-12-06) 1995年12月6日(25歳)
出身 茨城県水戸市
身長 172.0cm
体重 170.5kg
BMI 57.6
所属部屋 藤島部屋
得意技 押し
成績
現在の番付十両14枚目
最高位 東十両14枚目
生涯戦歴 159勝125敗3休(41場所)
データ
初土俵 2014年1月場所
備考
2021年3月1日現在
テンプレート  プロジェクト 相撲

武将山 虎太郎(ぶしょうざん こたろう、1995年12月6日 - )は、茨城県水戸市出身で藤島部屋所属の現役大相撲力士。本名は藤原 虎太郎(ふじわら こたろう)。身長172.0cm、体重170.5kg、血液型はAB型[1]。最高位は東十両14枚目(2021年3月場所)。

来歴 [編集]

入門前[編集]

小学校2年次に、武双山18代藤島)の父の尾曽正士が主宰する「水戸尾曽相撲道場」で相撲を始めた[1]。小学校4年次に武双山の引退相撲で稽古をつけてもらっている[2]。小学校6年次に全日本小学生相撲優勝大会で3位になるなど、小学生時代から全国大会に出場していた[1]。中学校卒業後は埼玉栄高校に進学し、2年次に全国高等学校相撲選抜大会で団体優勝、相撲部主将を務めた3年次に全国高等学校総合体育大会相撲競技大会で団体優勝と個人5位を経験している[2][1]

入門後[編集]

埼玉栄高校在学中の2013年12月19日に、18代藤島が師匠の藤島部屋に入門することが発表され[2]虎太郎の四股名で2014年1月場所で初土俵を踏んだ。初土俵同期には逸ノ城剣翔貴健斗らがいる[1]。序ノ口、序二段は1場所で、三段目は2場所で通過し、同年11月場所で幕下に昇進した。2015年7月場所で7戦全敗を喫して翌9月場所で三段目に陥落したが1場所で幕下に復帰し、2016年1月場所では幕下の優勝決定戦に進んでいる。2018年5月場所から武将山に改名し、2019年7月場所では初めて幕下1ケタ台の番付を経験した。翌9月場所は蜂窩織炎を発症したため2番相撲から5番相撲まで入門以来初めての休場となった[3]2020年は3月場所を除く4場所で勝ち越し(5月場所が中止になったため、5場所のみの開催だった)、2021年1月場所では東幕下2枚目まで番付を上げた。この場所は3連勝でスタートするも、その後3連敗で3勝3敗となり、最後の7番目の相撲で十両の竜虎に勝利して勝ち越しを決めた[4]。場所後に行われた番付編成会議で3月場所での新十両昇進が決定した[5]18代藤島が師匠を務める現在の藤島部屋からは初の子飼いの関取。十両昇進の要因として、部屋の弟弟子の鈴木と切磋琢磨したことを挙げていた[6]。新十両昇進会見で師匠の藤島は「そんな甘い世界じゃない。(出世の)早い遅いは何とも思っていない」とコメント[7]

取り口[編集]

甲山は「馬力もついて押し込むだけでなく、押し切ることができたから上がってきたんでしょうね」、高砂は「いい押し相撲だと思います。さらに幅広く相撲を覚えていけば、もっとうまく取れるでしょうね。もう関取の力はあると思います」、熊ヶ谷は「前に出る圧力がついてきて相手がいやがる相撲を取りますね。あの体型(172cm,177kg)で前に前に出られると引いてもなかなか落ちないし、対戦相手はすごくやりずらいと思う」と評した[8]。新十両昇進会見の際に師匠の藤島は引き癖を指摘し、体格を活かした押し相撲に徹するべきだと注文を付けた[7]

エピソード[編集]

相撲関連[編集]

  • 2014年1月場所から2018年3月場所までは、四股名を本名の下の名に由来する「虎太郎」としていた。四股名の下の名の「正道」は、水戸尾曽相撲道場を主催し藤島の父親でもある尾曽正士と、埼玉栄高校相撲部監督の山田道紀から1字ずつ貰ったものである[9]
  • 2018年5月場所から改名した四股名の「武将山」は、同年3月場所後に藤島から新しい四股名の候補があるか尋ねられた際に「昔からの力士らしい四股名」を希望して名付けてもらったものである[10]
  • 同学年で同期入門の貴健斗をライバル視しており、2014年3月場所8日目の水田(貴健斗の当時の四股名)戦で勝利した後には「水田は鳥取城北の主将でしたから、同じ主将として、一番意識していて、負けたくなかった」とコメントしている[9]
  • 2020年11月場所の戦で初めて十両の土俵に上がった。初めての大銀杏に「最初は違和感があったけど、相撲は気にせず取れました。チャレンジャーのつもりでいきました」、「鈴木の存在が大きい。負けたくない。一緒に頑張りたいです。」と語った[11]

主な成績[編集]

2021年1月場所終了現在

  • 通算成績:159勝125敗3休(41場所)
武将山 虎太郎
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2014年
(平成26年)
(前相撲) 西序ノ口15枚目
6–1 
東序二段25枚目
5–2 
東三段目87枚目
6–1 
東三段目27枚目
6–1 
西幕下45枚目
4–3 
2015年
(平成27年)
西幕下36枚目
3–4 
東幕下45枚目
3–4 
西幕下55枚目
4–3 
西幕下45枚目
0–7 
西三段目20枚目
5–2 
西幕下56枚目
4–3 
2016年
(平成28年)
東幕下47枚目
6–1 
東幕下20枚目
4–3 
西幕下14枚目
3–4 
西幕下19枚目
3–4 
西幕下28枚目
4–3 
東幕下23枚目
3–4 
2017年
(平成29年)
東幕下29枚目
4–3 
西幕下25枚目
4–3 
西幕下19枚目
3–4 
西幕下15枚目
2–5 
東幕下30枚目
4–3 
西幕下24枚目
4–3 
2018年
(平成30年)
東幕下19枚目
3–4 
東幕下26枚目
1–6 
東幕下56枚目
4–3 
東幕下46枚目
5–2 
西幕下29枚目
5–2 
東幕下19枚目
4–3 
2019年
(平成31年
/令和元年)
東幕下15枚目
3–4 
東幕下21枚目
4–3 
西幕下15枚目
5–2 
東幕下9枚目
3–4 
東幕下13枚目
1–3–3 
東幕下35枚目
5–2 
2020年
(令和2年)
西幕下23枚目
4–3 
東幕下18枚目
3–4 
新型コロナウイルス
拡大により中止
西幕下22枚目
5–2 
西幕下10枚目
5–2 
東幕下4枚目
4–3 
2021年
(令和3年)
東幕下2枚目
4–3 
東十両14枚目
 
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 虎太郎 正道(こたろう まさみち)2014年1月場所 - 2018年3月場所
  • 武将山 虎太郎(ぶしょうざん こたろう)2018年5月場所 -

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 「平成26年初場所 全新弟子名鑑」『相撲』2014年2月号、ベースボール・マガジン社、 115頁。
  2. ^ a b c 埼玉栄・藤原、藤島部屋に入門!親方「不器用だが魅力がある」」『SANSPO.COM』、2013年12月20日。2021年1月26日閲覧。
  3. ^ 「相撲部屋聞き書き帖」『相撲』2019年12月号、ベースボール・マガジン社、 92頁。
  4. ^ 「押し1本」武将山が執念の下手投げ 新十両へ前進」『日刊スポーツ』、2021年1月21日。2021年1月26日閲覧。
  5. ^ 初土俵が同じ貴健斗、武将山ら4力士が十両昇進 日刊スポーツ 2021年1月27日10時26分 (2021年1月27日閲覧)
  6. ^ 武将山が新十両「素直にうれしい」藤島親方初の関取 日刊スポーツ 2021年1月27日12時50分 (2021年1月27日閲覧)
  7. ^ a b 武将山が新十両昇進!藤島親方、部屋継承後初の関取誕生 SANSPO.COM 2021.1.28 05:00 (2021年1月31日閲覧)
  8. ^ 『相撲』2021年1月号 p46
  9. ^ a b 「相撲部屋聞き書き帖」『相撲』2014年4月号、ベースボール・マガジン社、 89頁。
  10. ^ 「相撲部屋聞き書き帖」『相撲』2018年6月号、ベースボール・マガジン社、 90頁。
  11. ^ 『相撲』2021年1月号 p84

関連項目[編集]