武山駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度12分50秒 東経139度37分50秒

陸上自衛隊武山駐屯地
海上自衛隊武山地区
航空自衛隊武山分屯基地
施設全景(2005年)
施設全景(2005年)
所在地 神奈川県横須賀市御幸浜1-1(大代表)
駐屯地司令 高等工科学校長 兼任
主要部隊 陸上自衛隊高等工科学校
東部方面混成団本部
第31普通科連隊ほか
開設年 1958年12月
テンプレートを表示

武山駐屯地(たけやまちゅうとんち、JGSDF Camp Takeyama)は、神奈川県横須賀市御幸浜1-1及び2-1(学校地区)に所在する陸上自衛隊駐屯地であり、前身に旧海軍武山海兵団を持つ。海上自衛隊横須賀教育隊(御幸浜4-1)・航空自衛隊武山分屯基地(御幸浜3-1)が隣接しており、敷地は一体となっている他、一部の施設は共用されている。また、空自武山分屯基地は、直ぐ南側の横須賀市長井に飛び地(長井統制地区)を有する。

駐屯地司令は陸上自衛隊高等工科学校長が、分屯基地司令は航空自衛隊第1高射群第2高射隊長が兼務。

陸自・海自地区においては一年を通じて新入隊員等の基本教育を行っており、例年3000名前後の学生が入居する。東部方面混成団及び横須賀教育隊の自衛官候補生及び一般曹候補生、初任海曹学生並びに高等工科学校生徒の1年生は全員、制服での外出が義務づけられている。

沿革[編集]

駐屯地南門
駐屯地北門
  1. 第1教育団東部方面混成団に改編
  2. 第1後方支援連隊第2整備大隊第2普通科直接支援隊を廃止し、東部方面後方支援隊第302普通科直接支援中隊を新編
  • 2012年(平成24年)9月:本駐屯地と関連施設を使用した神奈川県と横須賀市合同の総合防災訓練「ビッグレスキューかながわ」を実施。
  • 2016年(平成28年)12月15日:津波被害から装備品を保護するため、航空自衛隊武山分屯基地・第2高射隊の機材を長井統制地区[2]に移転[3]

駐屯部隊・機関(武山駐屯地)[編集]

防衛大臣直轄部隊・機関[編集]

東部方面総監直轄部隊[編集]

所在部隊(武山地区)[編集]

横須賀地方隊隷下部隊[編集]

所在部隊(武山分屯基地)[編集]

中部航空方面隊隷下部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]