武峨州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

武峨州(武峩州、ぶがしゅう)は、唐代に存在した。現在のベトナムタイグエン省に設置された。

概要[編集]

設置年代は判明していない。742年天宝元年)、武峨州は武峨郡と改称された。758年乾元元年)、武峨郡は武峨州の称にもどされた。武峨州は嶺南道の安南府に属し、武峨・武縁・武労・梁山・如馬の5県を管轄した[1]

のとき、武峨州は邕州の羈縻州のひとつとして、右江道に属していた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書』地理志四
  2. ^ 宋史』地理志六