武州 (甘粛省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

武州(ぶしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から唐代にかけて、現在の甘粛省隴南市南部に設置された。

魏晋南北朝時代[編集]

西魏のとき、武州が設置された。

隋代[編集]

初には、武州は2郡4県を管轄した。583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、武州の属郡は廃止された。605年大業元年)、文州が廃止され、武州に統合された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、武州は武都郡と改称され、下部に7県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
武州 文州 武都郡
永都郡 武街郡 葭蘆郡 陰平郡 将利県 建威県 覆津県
盤堤県 長松県 正西県
曲水県
将利県
建威県
覆津県
盤堤県
建昌県
正西県
曲水県

唐代[編集]

618年武徳元年)、唐により武都郡は武州と改められた。742年天宝元年)、武州は武都郡と改称された。758年乾元元年)、武都郡は武州の称にもどされた。武州は隴右道に属し、将利・覆津・盤堤の3県を管轄した[2]安史の乱のとき、武州は吐蕃に占領されて廃止された。767年大暦2年)、武州として仮設置された。咸通年間に唐が武州の故地を奪回した。892年景福元年)、武州は階州と改称された[3]

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志上
  2. ^ 旧唐書』地理志三
  3. ^ 新唐書』地理志四