武徳編年集成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

武徳編年集成」(ぶとくへんねんしゅうせい)は、徳川家康伝記

成立年は元文5年(1740年)、著者は幕臣木村高敦。偽書の説、諸家の由緒、軍功の誤りなどの訂正が行われており、寛保元年(1741年)徳川吉宗に献上される。

駿府政事録」や「宮中秘策」にある、慶長18年(1613年)の家康が花火を見た記録が、「武徳編年集成」にも引用されている。

天明6年(1786年)版(木活字本)全93巻が、国立国会図書館ほかに所蔵されている。