武志島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

武志島(むしじま)は、瀬戸内海のほぼ中央、来島海峡に位置する小島。無人島。愛媛県今治市に属する。 面積0.07km2の小島で、瀬戸内海国立公園の区域に含まれる。西に馬島、中渡島、北東に小武志島、毛無島がある。

左:小武志島、中央:武志島

中世の古文書に「務司島」の名を目にすることができる。付近の中渡島や小武志島、毛無島とともに村上水軍の砦が築かれていた。

明治から大正にかけて、モモの栽培が試みられたことがあったが、現在は無人島となっている。武志島と小武志島との間には来島海峡大橋の橋脚が屹立している。

定期航路等はない。島全体が個人の所有物となっている[1]

出典[編集]

  1. ^ http://www.go-shimanami.jp/qa/qa12.html

座標: 北緯34度7分18秒 東経133度0分35秒 / 北緯34.12167度 東経133.00972度 / 34.12167; 133.00972