武王 (楚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武王
王朝
在位期間 前741年 - 前690年
都城
姓・諱 熊徹
諡号 武王
没年 紀元前690年
霄敖
后妃 鄧曼

武王(ぶおう、? - 紀元前690年、在位:紀元前741年 - 紀元前690年)は、中国春秋時代の君主。[1]

霄敖の子として生まれた。紀元前741年、兄王の蚡冒が死去すると、兄の子を殺して即位した[2]紀元前706年、随を攻撃した[3]紀元前704年、沈鹿に諸侯を召集し、参集しなかった黄と随を攻撃した[4]桓王に昇爵を要求したが拒否され、王号を自称した[2]紀元前703年とともに鄾を包囲し、鄧軍を撃破した[5]紀元前700年、絞を攻撃して破り、和を結んで凱旋した。[6]紀元前699年、屈瑕に羅を攻撃させたが、楚軍は敗れて、屈瑕は自殺した[7]。紀元前690年に随を攻めた際に病没した[8]

脚注[編集]

  1. ^ 清華簡『楚居』による。『史記』楚世家が熊通とするのは、武帝諱を避けたためと考えられる。
  2. ^ a b 『史記』楚世家
  3. ^ 春秋左氏伝』桓公6年
  4. ^ 『春秋左氏伝』桓公8年
  5. ^ 『春秋左氏伝』桓公9年
  6. ^ 『春秋左氏伝』桓公12年
  7. ^ 『春秋左氏伝』桓公13年
  8. ^ 『春秋左氏伝』荘公4年
先代:
蚡冒
紀元前740年 - 紀元前690年
次代:
文王