武田信典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

武田 信典(たけだ のぶのり、安永5年2月24日1776年4月12日) - 万延元年11月18日1860年12月29日))は、江戸時代後期の高家旗本陸奥国守山藩松平頼亮の三男。生母は川上氏。初名は頼典通称は貞之丞、鶴翁。官位は従四位上左少将、大膳大夫。小笠原忠真女系子孫であり、武田氏と同じ甲斐源氏の支流である小笠原氏とつながりを有した。

文化4年(1807年)12月16日、高家武田護信の養子となる。文化5年(1808年)4月6日、養父の隠居により家督を相続する。文化8年(1811年)11月24日、高家職に就任、従五位下侍従・左京大夫に叙任する。後に従四位上左少将に昇進する。文政11年(1828年)11月27日、高家肝煎に就任する。安政3年(1856年)10月22日、隠居して養子信之に家督を譲り、同日高家肝煎も辞職する。以後鶴翁と称する。万延元年(1860年)11月18日死去、享年85。

実弟に高家旗本由良貞靖など、子女に養子信之(柳沢保光の七男)、実子崇信(信之養子)がいる。