武田千香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武田 千香(たけだ ちか、1962年3月 - )は、日本文学者。専門はブラジル文学

東京外国語大学総合国際学研究院(言語文化部門・文化研究系)教授博士(学術)

学歴[編集]

  • 1986年3月 東京外国語大学外国語学部ブラジル・ポルトガル学科卒業
  • 1991年3月 東京外国語大学大学院外国語学研究科修士課程修了
  • 2013年7月「マシャード・ジ・アシスの文学 『ブラス・クーバスの死後の回想』に表われるブラジルの文化的特質」で東京外国語大学より博士(学術)学位授与[1]

職歴[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『日本語から引く知っておきたいポルトガル語』(黒澤直俊と共著)、小学館、2003年
  • 『デイリー日葡英・葡日英辞典』黒沢直俊, ホナウヂ・ポリート共監修 三省堂編修所編 三省堂 2003
  • 『現代ポルトガル語辞典』池上岑夫高橋都彦金七紀男共編)白水社、2005年

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]