武田徳三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
武田徳三郎

武田 徳三郎(たけだ とくさぶろう、明治5年2月10日[1]1872年3月18日) - 昭和25年(1950年5月23日[2])は日本の政治家新聞記者衆議院議員(6期、立憲政友会

略歴[編集]

1872年(明治5年)2月、新潟県東頸城郡大島村(現在の上越市)に生まれる。和仏法律学校(現在の法政大学)を卒業し、福岡日日新聞記者となる、その後、日露戦争に従軍し、日本新聞記者を経て、高岡日報社を創立し、その主幹となる。また、関川電力・高岡ステンレス各取締役、頸城鉄道・中央電気各監査役などを歴任する。

1920年(大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選(以後6期当選)し、山本悌二郎農林大臣秘書官を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『帝国人事大鑑』タ179P
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『代議士月旦』P.123

文献[編集]