武田真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たけた しんいち
武田 真一
Shinichi Taketa
プロフィール
愛称 たけたん、NHKの貴公子
出身地 日本の旗 日本 熊本県熊本市
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-09-15) 1967年9月15日(51歳)
血液型 B型[要出典]
最終学歴 筑波大学
第一学群社会学類卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 熊本松山東京アナウンス室沖縄→東京アナウンス室
活動期間 1990年
ジャンル 報道番組
配偶者 あり
公式サイト NHKアナウンスルーム
出演番組・活動
現在クローズアップ現代+
過去NHKニュース7
備考
エグゼクティブ・アナウンサー(2017年6月9日付~)
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

武田 真一(たけた しんいち、1967年昭和42年)9月15日 - )は、NHKエグゼクティブ・アナウンサー[1]

人物[編集]

熊本県立熊本高等学校を経て、筑波大学第一学群社会学類卒業後、1990年平成2年)入局。

嗜好・挿話[編集]

  • 苗字の読み方は「たけだ」ではなく「たけた」と濁らない。スペルも「Takeda」ではなく「Taketa」。
  • 入局後は報道畑を歩み、多くの特番も担当した。
    • 1999年(平成11年)4月に、土日正午の『NHKニュース』に抜擢、その後2000年4月からの6年間は平日正午の『NHKニュース』を担当し、大きな事件・事故、大規模災害の際の臨時・特設ニュースを数多く担当した。「災害報道が自分の原点」とインタビューで答えている[2]
  • 2006年(平成18年)6月から2008年(平成20年)3月31日まで沖縄局に異動したが、この間も全国放送の番組には度々出演していた。東京アナウンス室に復帰後は『NHKニュース7』(平日)のメインキャスターとなり、2016年(平成28年)12月31日第67回NHK紅白歌合戦では総合司会に起用され、「初の音楽番組」司会に挑戦した[3]
  • 2017年4月より『クローズアップ現代+』のメインキャスターとなる。2017年6月9日付けのNHK管理職異動でエグゼクティブ・アナウンサーへ昇格[4]
  • 私生活では、1990年代に高校時代の同級生と結婚し、2男の父親でもある[5]
  • 幼少期はかなりのテレビっ子だったという[6]
  • ギターが趣味で、特に高校時代からロックを好んでおり、好きなバンドはザ・ジャムザ・フーセックス・ピストルズだという。高校時代はバンド活動でオリジナル曲の作詞をするなどしており、NHKのプロフィールページにも「もしアナウンサーになっていなかったら…」の問いに「ロックンローラー、現実的にはコピーライター」と答えるほど。大学時代の就職活動時に、友人の誘いでNHKに応募し、当初はディレクター志望で応募したが、アナウンサーとして採用された。自分がアナウンサーの適性があるなど全く思っていなかったので、驚いたという[7]
  • 沖縄局所属時にフルマラソン完走経験がある。
    • 2007年、2008年、2009年とNAHAマラソンに出場。いずれも完走(2007年は5時間36分、8279位。2008年は5時間39分58秒、10754位。2009年は5時間8分13秒、7823位)。
    • 2008年、2009年とおきなわマラソンに出場。いずれも完走(2008年は4時間32分15秒、1615位。2009年は4時間47分50秒、2145位)。
  • NHKの男性アナウンサーとしては屈指の人気を誇り、NHKの外でも話題となることが多い。
    • オリコンの集計している「好きな男性アナウンサーランキング」では、2012年の第8回以降、毎回上位にランクインしている。
      • 第8回:第8位(男性部門第6位、女性部門第8位)
      • 第9回:第6位(男性部門第7位、女性部門第7位)
      • 第10回:第5位
      • 第11回:第4位(男性部門第3位、女性部門第6位)
      • 第12回:第3位(男性部門第5位、女性部門第3位) - NHKのアナウンサーがベスト3入りするのは、同ランキングでは初めてのこと。
      • 第13回:第2位(10代部門第5位、20代部門第1位、30代部門第2位、40代部門第2位、50代部門第2位)
    • 『ニュース7』のかつての裏番組であるアニメ『ヤッターマン(第2作)』(読売テレビ日本テレビ)で、武田に似せたアナウンサー「武ッ田真イッチ」なるキャラクターが数度登場したことがある。
    • インターネット上では「たけたん」の愛称で親しまれている。本人もこれを認知しており「たけたん、好きです。」「そんなふうに呼んでいただけるなんて、ありがたいことです。」と語っている[8]
    • 田中好子が生前、武田のファンであることを自身のホームページで公言していた。
    • 家族でよく日本テレビ『世界の果てまでイッテQ』を視聴しており、出演願望があることを明かしている[9][10]

同期のアナウンサー[編集]

辻智太郎・田中学・高谷智泰・和田哲阿部渉田中崇裕ほか

出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

熊本放送局時代
  • 熊本県向けのニュース・中継等
松山放送局時代
東京アナウンス室時代(1回目)
  • NHKニュース(キャスター)
    • 正午枠
      • 土日:1999年度
      • 平日:2000 - 2005年度
    • 午後6時枠
      • 平日:2000 - 2005年度
  • NHKニュース7(メインキャスター)
    • 祝日(不定期):2000 - 2002年度
    • 祝日を含む月曜 - 金曜:2008年3月31日 - 2012年3月
    • 祝日を除く月曜 - 金曜:2012年4月 - 2017年3月31日
  • 首都圏ニュース(キャスター)
    • 土日:1999年度
    • 祝日:2000 - 2005年度
  • NHKニュース9道傳愛子〈1999年度〉・畠山智之〈2000年度〉のリリーフ)
  • その他、皇室関連、事件・事故や災害、緊急報道などの特設ニュースを担当。
  • NHKスペシャル(文明の道〈全8集〉のナレーション、2003年)
  • NHKスペシャル 危機と闘う テクノクライシス(3回シリーズ、キャスター、2006年7月)
沖縄放送局時代
東京アナウンス室時代(2回目)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1] NHK視聴者ふれあい報告書(PDF。当時はチーフアナウンサーと表記)
  2. ^ アナウンサー仕事の流儀 災害報道が自分の原点 - NHK アナウンスルーム
  3. ^ “紅白総合司会は武田真一アナ「情熱と真心を込めて」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. (2016年11月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1742524.html 2016年11月24日閲覧。 
  4. ^ NHK武田、阿部アナらが昇格 6月9日付の管理職人事”. 共同通信 47NEWS (2017年5月26日). 2017年5月28日閲覧。
  5. ^ ニュース7ブログ - ひそかな楽しみ - 武田真一
  6. ^ [2],スポーツ報知,2016年7月23日
  7. ^ アナウンサー仕事の流儀 パンク少年から一転、NHKのアナウンサーに - NHK アナウンスルーム
  8. ^ an・an」2010年9月8日号、「NHKウイークリーステラ」2018年6月1日号より
  9. ^ NHK武田真一アナが出たい日テレ「イッテQ!」,日刊スポーツ,2018年9月3日
  10. ^ NHK×日テレ、コラボで同時生放送 両局の顔揃う「あの人があの番組に?」<特番進行アナコメント>,modelpress,2018年9月3日
  11. ^ 前任である古谷敏郎の転勤に伴い1997年3月まで担当。後任は佐々木端。
  12. ^ 東京アナウンス室転勤のため短期降板した。
  13. ^ http://www.nhk.or.jp/ohayou-blog/sp/500/259675.html