武田竹松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
武田竹松
時代 戦国時代
生誕 永正14年(1517年
死没 大永3年11月1日1523年12月7日
戒名 源澄院殿天誉尊体智光大童子
墓所 尊体寺
幕府 室町幕府
氏族 武田氏甲斐源氏
父母 父:武田信虎
兄弟 竹松信玄犬千代信繁、信基(信友?)、信廉信顕一条信龍宗智松尾信是
河窪信実信友、勝虎、定恵院
南松院殿(穴山信友正室)、禰々
花光院(浦野氏室)、
亀御料人(大井信為正室)、下条信氏正室、禰津神平(元直の長男)室、葛山氏室、
菊御料人(菊亭晴季室)

武田 竹松(たけだ たけまつ)は、戦国時代の人物。甲斐国武田氏の一族。

生涯[編集]

武田信虎の長男。信玄の4歳年上の兄である。大永3年(1523年)11月1日に7歳で夭折した[1]。戒名は源澄院殿天誉尊体智光大童子(『甲府誓願寺記』)。菩提寺として躑躅ヶ崎館前に尊体寺が建立された[1]

信玄は長男とされているが、この竹松の早世により長男扱いの嫡子となった可能性があり、出生当初は嫡子ではなかったことになる[1]

脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 柴辻俊六 著『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.34

参考文献[編集]

書籍
史料
  • 『甲府誓願寺記』