武田節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

武田節(たけだぶし)は、1961年に作られた民謡調歌曲。作詞は米山愛紫、作曲は明本京静。本来は三橋美智也が歌唱する民謡調流行歌または新民謡と呼ばれるジャンルの曲であるが、山梨県の民謡が少ないこともあり、現在は山梨県の民謡とみなされることがある。ただし2017年現在で、詞・曲ともに著作権が存在し、2017年時点の著作権法制下では著作権が消滅するのは、詞に対しては2023年、曲に対しては2022年である。

三橋による『武田節』のレコード売上はミリオンセラーを記録した[1]

山梨県では愛唱歌となっているが、作曲者の明本京靜が理事長だった日本文化協会が、1961年から彼が死去する前年の1971年まで、毎月20日の夜に日比谷公会堂で開催されていた「みんなでうたう音楽会」の愛唱歌になっており、毎月歌唱指導が行われていたため、現在もカラオケで歌われることが多い。民謡として愛唱される他、日本舞踊の題材としても嗜まれており、山梨県や武田信玄に縁の深い長野県東信地方佐久地域上田市・小県郡の小・中学校では1990年代頃まで、運動会などで舞踊が踊られた。

武田信玄とその配下の武士たちの出陣の様子を歌にしたもので、曲の間には風林火山の文句を歌う詩吟がはさまれている。

かつて特急あずさ」・「かいじ」に使用されていた183系・189系電車には、車内放送のチャイムとして、この「武田節」があり、「かいじ」の甲府駅発着の際に使用されていた。

2016年(平成28年)2月10日から、中央本線石和温泉駅発車メロディに使用されている[2]

都留文科大学の応援歌にも指定されている。

脚注[編集]

  1. ^ 長田暁二『歌謡曲おもしろこぼれ話』社会思想社、2002年、288頁。ISBN 4390116495
  2. ^ 中央線石和温泉駅の発車メロディが「武田節」に変わります。 - 笛吹市JR東日本八王子支社(2016年2月1日)