この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

武田美保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

武田 美保 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム たけだ みほ
国籍 日本の旗 日本
所属 ジャパンスポーツマーケティング
生年月日 (1976-09-13) 1976年9月13日(42歳)
生誕地 京都府京都市
身長 165cm
体重 54kg
テンプレートを表示

武田 美保(たけだ みほ、1976年9月13日 - )は元女子アーティスティックスイミング(シンクロナイズドスイミング)日本代表選手、教育スポーツコメンテーター。夫は元通産省官僚三重県知事鈴木英敬

来歴

京都府京都市生まれ。7歳でシンクロをはじめ、13歳でジュニアの日本代表入、デュエットでペアを組む立花美哉とともに中学時代から井村雅代が代表を務める井村シンクロクラブに所属する。 1995年3月四天王寺高等学校卒業、4月立命館大学産業社会学部に入学。1996年、大学2年時に日本代表となり、1996年アトランタオリンピックにチームの一員として参加し、銅メダルを獲得。1999年3月、立命館大学卒業。2000年シドニーオリンピックで立花とコンビを組み、デュエットおよびチーム種目で銀メダルを獲得。2001年世界水泳福岡大会のデュエットで金メダルを獲得する。シンクロ界において日本史上初の優勝を果たし、またこれが自身唯一の金メダル獲得である。

2004年アテネオリンピックに出場するも、再び銀メダルの結果に終わる。同年に現役引退を引退し、タレント活動を開始。

アメリカ合衆国へ短期留学を行い、ネバダ州立大学発行のピラティスインストラクター公認資格を取得。

私生活では、2007年9月20日に当時現役の通産官僚であった鈴木英敬と入籍。その後、夫である鈴木が自由民主党公認候補で三重2区から第45回衆議院議員総選挙に出馬するため、東京から三重に移住。そのために、2008年3月に所属事務所から独立し、マネージメントをビッグベンと業務提携したが、その後、ジャパンスポーツマーケティングに所属。選挙の結果、鈴木は落選したが、夫の政治活動を支えるため、講演活動や三重県のシンクロクラブで指導を行っている。また2011年10月1日付で三重大学社会連携研究センター特任教授に就任した[1]。その後、2012年6月4日、第1子の男児を出産。2013年1月から第2次安倍内閣教育再生実行会議有識者委員に就任した。同年6月には内閣府政府税制調査会委員も就任。

エピソード

2006年からマッスルミュージカルに出演。また、2007年に開催された松任谷由実のコンサートツアー「YUMING SPECTACLE SHANGRILA III」に世界水泳メルボルン大会でソロ三連覇を達成した同じ事務所のヴィルジニー・デデューと共に出演。

シンクロの五輪代表で通算5個のメダル獲得は立花美哉と共に日本の女子選手史上最多のメダル獲得数である。[2]

出演番組

テレビ

著作

  • 「一生太らない体を作るたった10秒の習慣」 - アスコム(2011年)

その他

CM

受賞

脚注

  1. ^ “シンクロ銀メダリストの武田さんが教壇に”. スポーツ報知. (2011年10月21日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20111021-OHT1T00126.htm 2011年10月21日閲覧。 
  2. ^ 尚その後2008年北京五輪で女子柔道谷亮子も五輪で金メダル2個を含む通算5個目となるメダルを獲得している