武田美穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

武田 美穂(たけだ みほ、女性、1959年12月28日 - )は、日本絵本作家イラストレーター東京都出身。血液型AB型。

太い描線で描かれる愛らしいキャラクターと、コマ割りや吹き出しを使った漫画チックな作風を特徴とする。

来歴・人物[編集]

父は大映の映画製作者・武田敦、母は女優岸旗江日本大学芸術学部油絵科中退。図書館アルバイトを経て、1987年に『あしたえんそく』で絵本作家としてデビュー。同書はクレヨンハウス絵本大賞の優秀作品に選ばれる。

1991年に発表した『となりのせきのますだくん』は絵本にっぽん大賞講談社出版文化賞絵本賞を受賞。1992年度青少年読書感想文全国コンクールの課題図書(低学年の部)にも選ばれ、代表作となった。同作に登場する「みほちゃん」は自身をモデルにしているとされている。 1991年『ふしぎのおうちはドキドキなのだ』で絵本にっぽん賞を受賞。 2001年『すみっこのおばけ』で第6回日本絵本賞読者賞(山田養蜂場賞)、第11回けんぶち絵本の里大賞を受賞。

自ら文を担当した作品以外でも、2007年に『おかあさん、げんきですか。』(文:後藤竜二)で日本絵本賞大賞、同読者賞を受賞。作家・森絵都とコンビを組んだ「にんきものの本シリーズ」や、あまんきみこ松谷みよ子の童話に挿絵をつけた作品など多くの著作を持つ。またNHKの子供向け番組のキャラクターデザイン小学校等での子ども向けワークショップなども手がけている。

主な作品[編集]

文・絵[編集]

  • 「ますだくん」シリーズ(ポプラ社
    • となりのせきのますだくん(1991年
    • ますだくんのランドセル(1995年
    • ますだくんの1ねんせい日記(1996年
    • ますだくんとはじめてのせきがえ(1996年
    • ますだくんとまいごのみほちゃん(1997年
  • あしたえんそく(偕成社1987年
  • スーパー仮面はつよいのだ(ポプラ社、1989年
  • ふしぎのおうちはドキドキなのだ(ポプラ社、1991年
  • きょうはすてきなおばけの日! (ポプラ社、1992年
  • あいうえおちあいくん(ポプラ社、1994年
  • きょうはすてきなくらげの日!(ポプラ社、1998年
  • すみっこのおばけ(ポプラ社、2000年
  • ありんこぐんだん わはははははは(理論社2002年
  • あしたえんそく!らんらんらん(理論社、2002年)
  • こわいドン(理論社、2003年)
  • か・げ(理論社、2007年
  • ハンバーグハンバーグ(ほるぷ出版2009年
  • どーんちーんかーん(講談社2011年)
  • オムライス ヘイ!(ほるぷ出版、2012年)
  • なぞなぞフッフッフー(ほるぷ出版、2014年)
  • かっぱぬま(あすなろ書房、2014年)

挿絵[編集]

その他[編集]