武田茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

武田 茂(たけだ しげる)は、山形県米沢市米沢武田家の当主。

人物[編集]

本来、「信茂」と名付けられる予定だったが、「名前に“信”があると早死にすることが多い」という母の願いで、「茂」の1文字になったと本人が語っている[要出典]。また、武田家伝来の刀を「軍刀」に改造して第二次大戦に出征し、捕虜になる直前に、米軍に奪われることを避けるために、南方の地に埋めたとのこと[要出典]

茂所有となっていた祖武田信清の墓所は、1953年2月13日山形県指定文化財史跡)に指定された[1]

系譜[編集]

  • 父:武田信一
  • 母:
    • 子:武田昌信(高家武田家の当主とは別人)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武田信清の墓所(米沢市)
先代:
武田信一
米沢武田家
第13代
次代:
武田昌信