武田裁縫高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武田裁縫高等学校
過去の名称 武田高等裁縫女学校[注 1]
国公私立の別 私立学校
設置者 竹田太郎吉[注 1]
設立年月日 1909年[注 1]
閉校年月日 不詳[注 2]
共学・別学 女子校
課程 全日制課程
設置学科 家庭科
学期 3学期制
所在地 169-0074
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

武田裁縫高等学校(たけださいほうこうとうがっこう)は、東京都新宿区柏木3丁目[1][注 3]にあった私立女子全日制高等学校

概要および沿革[編集]

  • 1909年-竹田太郎吉により、淀橋区柏木125において開校された武田高等裁縫女学校を源流とされている。[注 1]
  • 1949年-新制高等学校となる[注 4]。ちなみにこの年度の在籍者数は女子52と確認できる[1]
  • 廃校年不詳-但し、1954年度には廃止されていたようである[注 2]

設置学科[編集]

所在地[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d 国立国会図書館デジタルコレクション|全国学校教育施設総覧103/801(コマ番号)より。
  2. ^ a b 1950年度版『全国学校総鑑』の次に史実上発行されることとなった1955年度版『全国学校総覧』(1954年度データ)以降には記載なし。
  3. ^ a b c 現在は、新宿区北新宿1.2丁目となっている。詳細は北新宿を参照のこと。
  4. ^ 1950年度版『全国学校総鑑』pp943より。同データの記載から、まだ2年生以上のいわゆる上級学年の在籍が確認できない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 1950年度版『全国学校総鑑』p. 943

関連項目[編集]