武田賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

武田賞(たけだしょう)は、財団法人武田計測先端知財団が2001年に設立した、工学知の創造とその活用に対して与えられる顕彰制度である。財団法人武田計測先端知財団は、タケダ理研工業(現在はアドバンテスト)創業者である武田郁夫によって、ノーベル賞100周年にあたる、2001年に設立された。2003年以降、財源の問題で顕彰を休止している。

受賞者[編集]

情報・電子系応用分野[編集]

生命系応用分野[編集]

  • 2001年 マイケル・W・ハンカピラー、クレイグ・ヴェンター
  • 2002年 パトリック・O・ブラウン、スティーブン・P.A.・フォダー

環境系応用分野[編集]

  • 2001年 フリードリヒ・シュミット・ブレーク、エルンスト・U・フォン・ワイツゼッカー
  • 2002年 チャールズ・エラチ、畚野信義、岡本謙一