武田邦信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

武田 邦信(たけだ くにのぶ、1948年[1] - )は、高家武田家16代当主。武田昌信の子。武田英信の父。武田信玄の次男竜芳の子孫の系統で、信玄から数えて16代目にあたる。ただし、この家系は江戸時代後期以降に柳沢家郡山藩柳沢吉里の系統)などからたびたび養子を迎えており、信玄と血統上のつながりが保たれてきたわけではない。

来歴[編集]

1948年東京都に生まれる。1972年に武蔵工業大学(現:東京都市大学)を卒業後、丸紅に入社する。2006年に丸紅を早期退職し、フジオ住研社長補佐を経て、2007年にELTを設立して代表取締役に就任する。

山梨県甲斐の国大使、武田家旧温会武田神社崇敬会総裁を務める。

備考[編集]

  • NHK大河ドラマ風林火山』にちなみ、富士の国やまなし観光大使の肩書きを持っている。観光大使は山梨県観光部の任務。

脚注[編集]

  1. ^ 徳川家当主 苦労は悪いことができないこと「カンニングもできなかった(笑)」週刊朝日』2013年11月22日号