武相中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武相中学校・高等学校
Buso highschool.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人武相学園
設立年月日 1942年
創立記念日 6月24日
創立者 石野瑛
共学・別学 男女別学 (男子校)
中高一貫教育 併設型(外部混合無)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進コース、総合コース
学期 3学期制
高校コード 14526C
所在地 222-0023
神奈川県横浜市港北区仲手原二丁目34番1号

北緯35度29分49.3秒 東経139度37分31.2秒 / 北緯35.497028度 東経139.625333度 / 35.497028; 139.625333座標: 北緯35度29分49.3秒 東経139度37分31.2秒 / 北緯35.497028度 東経139.625333度 / 35.497028; 139.625333
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
武相中学校・高等学校の位置(神奈川県内)
武相中学校・高等学校

武相中学校・高等学校(ぶそうちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、神奈川県横浜市港北区仲手原二丁目に所在し、中高一貫教育を提供する私立男子中学校高等学校。高等学校では、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では、3年間別クラスになる併設型中高一貫校[1]。法人の正式名称は学校法人武相学園。オリンピック選手を輩出していることや、過去に高校野球など実績があることで知られている。

概要[編集]

  • 1942年(昭和17年)、考古学者で歴史家でもあった石野瑛が、青少年教育の重要性を感じ、神奈川県横浜市港北区篠原町富士塚に旧制武相中学校創立。その後、生徒と共に原野であった松風台(現・武相台)を開拓し移転。当時この場所は見晴らしが良く、旧国名の武蔵国と相模国が一望できたことからその頭文字を一字ずつ取って校名にした。校名の由来ともなっている高台(武相台)は昭和17年当時非常に見晴らしが良く、横浜港はもちろん、遠く丹沢や富士山、房総半島も望むことができ、文字通り武・相両州が一望できたという。
  • 建学の精神は、「道義昂揚」・「個性伸張」・「実行徹底」
  • スクールカラーは紫・青・丹。エンブレムは建学の精神をラテン語で表している。
  • 高校野球では甲子園に4度出場している[2]
  • 上記にある通り硬式野球の古豪としての知名度があるが近年ではサッカー部やボクシング部にその座を明け渡している。
  • 2014年度は軟式野球部、ソフトテニス部、陸上競技部、フットサル部、ボクシング部、柔道部、弓道部がそれぞれ関東大会に出場し、ボクシング部、柔道部、弓道部は全国大会に出場している。
  • 文化部では1979年に創設された鉄道研究同好会が人数こそ少ないもののOBを含めて活発に活動しており[3][4]、製版屋に就職したOBが起こした「BRCプロ」より写真集などの書籍を出版し有隣堂などの書店での販売を行っている[5][6]ほか、横浜市立図書館へも郷土資料として収められている。

沿革[編集]

  • 1942年 - 旧制武相中学校創立。 
  • 1945年 - 第二次世界大戦による空襲により、富士塚(刀鍬)校舎焼失。
  • 1947年 - 新制中学校認可。 
  • 1948年 - 武相高等学校設置。武相考古館・ホール竣工。
  • 1958年 - 武相学園正門道路(桜坂)竣工。
  • 1970年 - 高校野球の神奈川県大会で優勝、全国大会(甲子園)に4度出場。ボクシング部団体全国大会優勝。
  • 1992年 - 創立50周年・50周年記念館・理科実験棟竣工
  • 2002年 - 創立60周年記念式典挙行。講堂・体育館竣工。
  • 2003年 - 生物実験室竣工
  • 2004年 - 第1校舎玄関廊下・西側階段、第2校舎階段改修
  • 2005年 - グランド改修工事・第1校舎一般教室ITマルチメディア化改修工事
  • 2007年 - 第6校舎トイレ・廊下改修工事 ・温水プール電動開閉式上屋テント貼替工事
  • 2009年 - 第1校舎・第2校舎・第4校舎耐震補強工事
  • 2010年 - 第3校舎耐震補強工事
  • 2011年 - 地デジ化放送設備工事
  • 2012年 - 第2校舎一般教室高機能化改修工事
  • 2013年 - 中田 仁校長就任・情報処理教室設備更新・第4校舎トイレ・応接室改修工事
  • 2014年 - 第1・第3校舎、特別教室空調機更新・グラウンド野球天蓋防球ネット設置
  • 2015年 - 50周年記念アリーナ音響設備改修
  • 2016年 - 中学校・高等学校教育設備更新

施設[編集]

  • 50周年記念館*理科実験棟
  • 体育館・講堂(メインアリーナ・サブアリーナ・屋内トレーニングルーム・ランニングコース)
  • 屋内プール
  • テニスコート
  • 嬬恋天日山荘
  • 弓道場

カリキュラム[編集]

  • 総合コース、特別進学クラスがある。
  • 課外授業としてホームステイでの海外研修がある。


交通[編集]

著名な出身者[編集]

訴訟[編集]

同校にて水泳部員が受けた停学処分などをめぐり、水泳部顧問を務めていた男性教諭が副校長から進退問題を校長に委ねる提案を促された後うつ病を発症し2012年に懲戒解雇、男性教諭は休職中に懲戒解雇されたのは不当だとして、同校に地位確認を求める訴訟。一審判決にて請求棄却。

2017年5月17日、東京高裁(野山宏裁判長)は「(男性教諭は)好成績を課されていると強く感じ、心理的負担があった」と述べ、訴えを退けた一審判決を取り消し、解雇を無効と判断する逆転勝訴を言い渡した。

不祥事[編集]

本校野球部は、2012年夏の高校野球神奈川大会日大藤沢に2 - 3×でサヨナラ負けし初戦敗退した。ところが、この試合の終了後、この試合の審判の判定(判定の詳細は「インフィールドフライ#2012年7月12日」を参照)を巡り、部員がインターネット掲示板審判を非難する書き込みを行っていたことが明らかとなった。また、本校の部員が試合終了後に整列しなかったり、帽子を脱がない部員がいたりしたことなども明らかになっている。さらに、飲酒や喫煙が疑われる写真もアップロードされていた。またツイッターを通じて他者への脅迫や殺害予告なども行われていた。本校はこれを受け、少なくとも神奈川大会が終了するまでは野球部の活動を自粛し、高野連の指示に従うことを決定した[7][8]

関連項目[編集]

脚注及び参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武相高校の学校情報(高校受験パスナビ)(旺文社)の「ワンポイント情報」の冒頭に「●内部進学生とは3年間別クラス。」と掲載されている。
  2. ^ 武相高校>クラブ活動>硬式野球部”. 武相中学・高等学校公式ウェブサイト. 2017年12月16日閲覧。
  3. ^ 武相高校ウェブサイト上の部活紹介ページで「お遊びの部活ではありません」と宣言している。
  4. ^ 松本伸也 (2015年2月3日). “鉄道マンはここから誕生する! お遊びじゃない武相高校鉄道研究同好会を追え!”. はまれぽ.com: p. "1". http://hamarepo.com/story.php?story_id=3779 2017年11月16日閲覧。 
  5. ^ 松本伸也 (2015年2月3日). “鉄道マンはここから誕生する! お遊びじゃない武相高校鉄道研究同好会を追え!”. はまれぽ.com: p. "2". http://hamarepo.com/story.php?page_no=1&story_id=3779&from= 2017年11月16日閲覧。 
  6. ^ 鉄道書籍コーナー「鉄之道」 ”. BRCプロウェブサイト. 2017年11月16日閲覧。
  7. ^ “サヨナラ負けで審判批判をネット書き込み 神奈川・武相高野球部”. 産経新聞. (2012年7月20日). オリジナルの2012年7月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120721082037/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120720/crm12072020410028-n1.htm 
  8. ^ “サヨナラ負けの武相高野球部、ネットで審判批判 活動自粛 神奈川”. 産経新聞. (2012年7月21日). オリジナルの2012年7月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120724043139/http://sankei.jp.msn.com/region/news/120721/kng12072119180003-n1.htm