武蔵嵐山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
武蔵嵐山駅
Musashi-ranzan Station West Entrance 20111211.JPG
西口(2013年11月)
むさしらんざん
Musashi-ranzan
TJ 31 つきのわ (1.7km)
(7.0km) 小川町 TJ 33
所在地 埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷135-6
駅番号 TJ32
所属事業者 東武鉄道
所属路線 東上本線
キロ程 57.1km(池袋起点)
電報略号 ラザ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
7,597人/日
-2017年-
開業年月日 1923年大正12年)11月5日
備考 1935年 菅谷駅から改称
業務委託駅
テンプレートを表示

武蔵嵐山駅(むさしらんざんえき)は、埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷にある、東武鉄道東上本線である。駅番号はTJ 32

歴史[編集]

  • 1923年大正12年)11月5日 - 旧菅谷村の中心部にできたため、菅谷駅として開業[1]
  • 1935年昭和10年)10月1日 - 1928年(昭和3年)に本多静六が、この付近にある渓谷(現・嵐山渓谷)を訪れた際、周辺を見た時に京都嵐山の風景によく似ていることから、武蔵の国の嵐山と命名したことが評判になり[2]、多数の観光客がこの地を訪れるようになったため、武蔵嵐山駅に改称される[2]
  • 1990年平成2年)5月30日 - 当時、駅舎のあった西口側と東口側を結ぶ跨線橋が完成。
  • 2002年(平成14年)3月26日 - 複線区間が森林公園駅から当駅まで延長され[3][4]、それまで森林公園発着であった朝の通勤急行準急、一部の急行が当駅始発・終着とされる[3][4]。同時に、橋上駅舎の供用開始[5]、複線部分の一部を利用した引き上げ線の使用を開始。
  • 2005年(平成17年)3月17日 - 引き上げ線を含めて下り方向3km先の嵐山信号場まで複線化[6]。当駅始発・終着列車は小川町駅(一部森林公園駅)発着に変更される[6]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。ホーム・西口・東口と改札階とをそれぞれ連絡するエレベーターが設置されている。

開業当初は西口側地上駅舎に面した下り単式ホーム(旧1番線)と上り島式ホーム(旧2・3番線)を有する複合式2面3線を有していたが、その後旧2番線の線路が撤去され、単式2面2線の配線となっていた(旧2番線の線路の撤去跡には盆栽が置かれていた)。複線区間の当駅までの延長と橋上駅舎化に合わせて旧1番線を廃止し、下り線を旧2番線の位置に切り替えて現在の配線に変更し、その際に島式ホームの池袋寄りが拡幅された。現在も西口側に旧1番線ホームの一部が残存している。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 TJ 東上線 下り 小川町寄居方面
2 上り 坂戸川越和光市池袋渋谷横浜元町・中華街方面
  • ホームでは上記のように案内されているが、1番線から寄居駅まで直通する列車は設定されておらず[6]東武竹沢駅から先の寄居方面は隣の小川町駅で乗り換えとなる[6]

利用状況[編集]

2018年度の1日平均乗降人員7,650人である[7]

開業以降の一日平均乗降人員・乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[8]
年度 一日平均
乗降人員[9]
一日平均
乗車人員
1998年(平成10年) 11,186
1999年(平成11年) 10,804
2000年(平成12年) 10,513
2001年(平成13年) 10,239
2002年(平成14年) 9,126
2003年(平成15年) 9,344
2004年(平成16年) 9,452
2005年(平成17年) 9,439
2006年(平成18年) 9,410
2007年(平成19年) 9,274
2008年(平成20年) 9,156
2009年(平成21年) 8,853
2010年(平成22年) 8,521
2011年(平成23年) 8,225
2012年(平成24年) 8,104
2013年(平成25年) 8,146
2014年(平成26年) 7,773
2015年(平成27年) 7,729
2016年(平成28年) 7,594
2017年(平成29年) 7,597
2018年(平成30年) 7,650

駅周辺[編集]

西口[編集]

西口は駅開設当初からの出入口であり、駅前は狭いが、2000年代に入って旧駅舎跡にロータリーが設置された。周辺は、川越・児玉往還菅谷宿時代からの市街地に位置しており、商店街がある。少し離れた国道254号線バイパス沿いにはロードサイド店舗が多数進出している。

東口[編集]

東口周辺は、1991年に嵐山駅東土地区画整理事業として開発され、それに伴う駅利用者の利便性を図るため、当初1990年に当時駅舎のあった西口側から東口側にアクセスする跨線橋が開設され、2002年平成14年)3月26日に橋上駅舎を供用開始した際に正式に東口となった。駅前広場が用意されている。

  • 嵐山町役場
  • 知識の森嵐山町立図書館
  • 嵐山志賀郵便局
  • 杉山城

路線バス[編集]

当駅発着の路線バスはすべてイーグルバスにより運行される。

西口発着[編集]

  • イーグルバス
    • ときがわ町路線バス[10]
      • と01系統 玉川工業団地入口・ときがわ町役場本庁舎・明覚駅経由 せせらぎバスセンター行き
      • と02系統 鎌形・ときがわ町役場本庁舎経由 せせらぎバスセンター行き

東口発着[編集]

2018年現在、東口を発着する定期路線バスは運行されていない。

東口から運行されていた花見台工業団地、県立循環器・呼吸器病センター方面及び嵐山町市街循環路線バスは2015年3月31日をもって廃止された[11]

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

東武鉄道
TJ 東上本線
TJライナー・川越特急・快速急行・快速・急行・準急・普通
つきのわ駅 (TJ 31) - 武蔵嵐山駅 (TJ 32) - (嵐山信号場) - 小川町駅 (TJ 33)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 武蔵嵐山駅|東武鉄道公式サイト”. web.archive.org (2020年6月10日). 2020年6月10日閲覧。
  2. ^ a b 嵐山渓谷|一般社団法人嵐山町観光協会|埼玉県|嵐山町”. web.archive.org (2020年6月10日). 2020年6月10日閲覧。
  3. ^ a b 平成14年3月26日(火)東上線でダイヤ改正を実施森林公園駅~武蔵嵐山駅間に新駅「つきのわ駅」が誕生森林公園駅~武蔵嵐山駅間の複線化が完成し同区間の列車を増発「つきのわ駅」駅前で建売分譲住宅「FRANCA/フランサ」を新発売”. web.archive.org (2002年4月6日). 2020年5月24日閲覧。
  4. ^ a b 3月26日のダイヤ改正にあわせ「ダイヤ改正・東武東上線新時刻表」を発売”. web.archive.org (2002年8月9日). 2020年5月24日閲覧。
  5. ^ 東武東上線森林公園~武蔵嵐山間に建設中の新駅の駅名「つきのわ」駅に決まりました。平成14年3月26日に開業”. web.archive.org (2002年2月9日). 2020年5月24日閲覧。
  6. ^ a b c d Wayback Machine”. web.archive.org (2005年4月1日). 2020年5月24日閲覧。
  7. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  8. ^ 埼玉県統計年鑑
  9. ^ 関東交通広告協議会レポート
  10. ^ 武蔵嵐山駅(西口) 2017年3月25日改正 (PDF) 2018年4月29日閲覧
  11. ^ 武蔵嵐山駅東口~花見台工業団地、県立循環器・呼吸器病センター及び嵐山町市街循環路線バスの廃止について