武蔵新城駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
武蔵新城駅
Musashi-Shinjo-Sta-N.JPG
北口(2011年10月)
むさししんじょう
Musashi-Shinjō
JN 08 武蔵中原 (1.3km)
(2.2km) 武蔵溝ノ口 JN 10
所在地 川崎市中原区上新城二丁目11-1
駅番号 JN09
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 南武線
キロ程 10.5km(川崎起点)
電報略号 ムシ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
37,642人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1927年昭和2年)3月9日[1]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
南口(2001年9月)

武蔵新城駅(むさししんじょうえき)は、神奈川県川崎市中原区上新城二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線である。当駅および周辺は、「新城」(しんじょう)と略され呼ばれることが多い。駅番号JN 09

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅である。エスカレーターエレベーターが設置されている。高架化以前は2面2線の相対式ホームがある地上駅で、やや武蔵中原寄りに跨線橋があった。ホームには自動販売機が設置されているが、売店などはない。

武蔵中原駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)で[3]指定席券売機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JN 南武線 上り 武蔵小杉川崎方面
2 下り 武蔵溝ノ口登戸立川方面

(出典:JR東日本:駅構内図

発車メロディー[編集]

1 JN JR-SH2(五感工房製)
2 JN JR-SH5(五感工房製)
  • 1994年頃まで
    • 1番線 - 「Gota del Vient」のエンドレスバージョン[4](フルコーラス約52秒)
    • 2番線 - かつて川越線の駅で使用されていたメロディ[要出典](東洋メディアリンクス製)

駅構内設備[編集]

  • 駅ビル
    • ビーンズ武蔵新城 - 改札を出て正面。Suica利用可能。
  • 売店等
    • NEWDAYS mini武蔵新城2号店 - 改札外。改札を出て左手すぐ。
  • ATM
  • 飲食店
  • その他の設備
    • コインロッカー - 改札を出て右手南口付近。

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員37,642人である。南武線内の駅では第7位である。これは乗換路線のない南武線の駅では最も多く、乗り換え路線のある稲田堤駅より多い。近年、乗車人員は増加傾向にある。

近年の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[5][6]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1995年(平成07年) 28,036 [* 1]
1996年(平成08年) 28,185
1997年(平成09年) 28,070
1998年(平成10年) 27,773 [* 2]
1999年(平成11年) 27,605 [* 3]
2000年(平成12年) [JR 1]27,614 [* 3]
2001年(平成13年) [JR 2]27,661 [* 4]
2002年(平成14年) [JR 3]27,660 [* 5]
2003年(平成15年) [JR 4]27,602 [* 6]
2004年(平成16年) [JR 5]27,836 [* 7]
2005年(平成17年) [JR 6]28,679 [* 8]
2006年(平成18年) [JR 7]29,625 [* 9]
2007年(平成19年) [JR 8]30,348 [* 10]
2008年(平成20年) [JR 9]30,863 [* 11]
2009年(平成21年) [JR 10]31,028 [* 12]
2010年(平成22年) [JR 11]31,620 [* 13]
2011年(平成23年) [JR 12]31,667 [* 14]
2012年(平成24年) [JR 13]32,939 [* 15]
2013年(平成25年) [JR 14]34,101 [* 16]
2014年(平成26年) [JR 15]34,331 [* 17]
2015年(平成27年) [JR 16]35,325 [* 18]
2016年(平成28年) [JR 17]35,878 [* 19]
2017年(平成29年) [JR 18]36,524
2018年(平成30年) [JR 19]37,332
2019年(令和元年) [JR 20]37,642

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

川崎市交通局(市バス)と東急バスの2事業者が乗り入れる。

北口[編集]

のりば[7] 系統名 主要経由地 行先 運行事業者 備考
B 溝04 中原駅前 小杉駅前 市バス
溝06 新城神社前 井田営業所前
C 溝04 第三京浜入口 溝口駅前
溝06 溝口駅前・久地駅前 向丘遊園駅南口
登戸駅 1日1 - 2本のみ
溝02 高津高校前 溝の口駅 東急 平日朝1本のみ


南口[編集]

のりば[7] 系統名 主要経由地 行先 運行事業者 備考
A 川63 千年・井田営業所前元住吉江川町 川崎駅西口 市バス
千年・井田営業所前・元住吉 江川町 1日1本のみ
千年 井田営業所前
千年・井田営業所前 元住吉
労災病院
井田病院
城11 野川 宮前平駅
野川・宮前平駅 宮前区役所前
鷺02 野川・有馬第二団地前 鷺沼駅 市バス

東急

平日朝夕と土曜朝・夜のみ運行
城01 千年・蟹ヶ谷高田駅 綱島駅 東急

また、南口にはタクシー乗り場が設置されている。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JN 南武線
快速・各駅停車
武蔵中原駅 (JN 08) - 武蔵新城駅 (JN 09) - 武蔵溝ノ口駅 (JN 10)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』38号 青梅線・鶴見線・南武線・五日市線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年4月11日、20-21頁。
  2. ^ 鉄道ファン No.213 p.172
  3. ^ JR東日本ステーションサービス事業エリア
  4. ^ コンテンツを探す|鉄道モバイル”. web.archive.org (2020年3月1日). 2020年3月1日閲覧。
  5. ^ 神奈川県県勢要覧
  6. ^ 川崎市統計書
  7. ^ a b 川崎市バス:新城駅前(しんじょうえきまえ)”. web.archive.org (2020年3月1日). 2020年3月1日閲覧。

利用状況[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
神奈川県県勢要覧

関連項目[編集]