武藤一邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武藤 一邦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県大曲市(現:大仙市
生年月日 (1959-01-20) 1959年1月20日(58歳)
身長
体重
183 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1980年 ドラフト2位
初出場 1982年
最終出場 1986年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

武藤 一邦(むとう かずくに、1959年1月20日 - )は、秋田県出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

秋田商高では2年生の時、四番打者、一塁手として1975年夏の甲子園に出場。同期の山岡政志投手(日本石油に進む)を擁し、3回戦に進出するが磐城高に敗退した[1]。翌1976年にも中堅手として夏の甲子園に連続出場するが、2回戦で福家雅明鈴木康友のいた天理高に延長12回サヨナラ負け[1]

同年に南海のドラフト1位指名を受けるもこれを拒否し法政大に進学。東京六大学リーグでは3年生秋に首位打者になる。1980年秋季リーグでは、エース和田護(日産自動車に進む)の好投もあって3年ぶりに優勝を飾る。同年の第9回日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。リーグ通算81試合出場、317打数86安打、打率.271、10本塁打、48打点。ベストナイン(外野手)2回。

1980年ドラフト2位でロッテオリオンズ入団。長距離打者として期待され、1983年には9試合に右翼手として先発出場。しかし故障もあり活躍の場は少なかった。1988年10月現役引退。

現在は千葉ロッテマリーンズの「マリーンズ・アカデミー」でテクニカルコーチとして少年野球の選手を指導する。母校の法政大学や成城大学のコーチを務めたほか、ロッテ時代の恩師・高畠康真を題材にした2008年放送のNHK土曜ドラマ『フルスイング』にて、主演の高橋克実に打撃指導を行なった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1982 ロッテ 4 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1983 21 38 34 3 4 1 0 0 5 1 0 0 1 0 1 1 2 7 1 .118 .189 .147 .336
1984 37 20 17 5 4 0 0 1 7 3 0 0 1 0 2 0 0 5 1 .235 .316 .412 .728
1985 7 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1986 8 8 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .125 .000 .125
通算:5年 77 73 65 9 8 1 0 1 12 4 0 0 2 0 4 1 2 16 2 .123 .197 .185 .382

背番号[編集]

  • 22 (1981年 - 1988年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]