武藤光朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

武藤 光朗(むとう みつろう、1914年3月17日 - 1998年7月25日)は、日本の社会評論家。

福島県生まれ。東京商科大学(現一橋大学)卒業。横浜専門学校(現神奈川大学)教授、日本外政協会、日本国連協会の調査課長を務め、國學院大學教授、中央大学教授、早稲田大学客員教授を歴任。自由人権委員会委員長、民社研顧問を務めた。

社会民主主義思想、カール・ヤスパース哲学などを研究し、自由主義の擁護を行い「諸君!」などの言論誌の常連寄稿者だった。湾岸戦争の際には『湾岸戦争に反対する文学者声明』を批判している。

著書[編集]

  • 汎米経済圏の動向 日本外政協会 1945(調査局調書)
  • アメリカ経済の基本動向 富士出版 1947
  • アメリカ資本主義の倫理 社会評論社 1947(世界政治経済叢書)
  • マックス・ウエーバー その生涯と思想 夏目書店 1948(経済思想家選書)
  • マルクス主義と実存哲学 春秋社 1948
  • マックス・ウェーバーの人間像 春秋社 1949
  • 社会科学におけるプロレタリアと実存 マルクスとウェーバー 理想社 1950
  • 経済哲学 資本主義の限界の問題 春秋社 1950
  • 社会主義的自由への道 実存哲学的探求 創元社 1952
  • アメリカ資本主義の精神 小峰書店 1953
  • 経済倫理 経済学と世界観 春秋社 1955(現代経済学全集 第10集)
  • 社会主義と実存哲学 現代社会と自由の反抗 創文社 1958
  • 現代日本の革命と反抗 創文社 1962
  • 現代日本の精神状況 創文社 1966
  • 経済学史の哲学 創文社 1969(経済哲学)
  • 経済倫理の実存的限界 創文社 1971(経済哲学)
  • 革命思想と実存哲学 創文社 1973(経済哲学)
  • 限界状況としての日本 創文社 1975
  • 自由人権の運命 哲学的時論集 創文社 1979
  • 例外者の社会思想 ヤスパース哲学への同時代的共感 創文社 1983
  • 現代日本の挫折と超越 友愛哲学の探究 創文社 1993

共編著[編集]

  • 社会主義の哲学 近代社会の平等化の論理 杉村広蔵共著 夏目書店 1947
  • 福祉国家論 北欧三国を巡って(編)社会思想社 1965
  • 民主連合政権 その歴史の証言 入江通雅共編 永田書房 1973
  • 左翼全体主義 その理論と実態(編)民主社会主義研究会議 1974(民社研叢書)

翻訳[編集]

  • 近代経済学説史 T.W.ハチスン 長守善山田雄三共訳 東洋経済新報社 1957
  • 哲学的世界定位 哲学Ⅰ カール・ヤスパース 創文社 1964
  • 根源的に問う 哲学対話集 カール・ヤスパース 赤羽龍夫共訳 読売選書 1970