武藤絲治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

武藤 絲治(むとう いとじ、1903年5月1日 - 1970年12月23日)は、日本の実業家鐘紡社長。化粧品食品などの多角経営を推進、定年制廃止など従業員の待遇改善にも努めた。武藤山治二男。

来歴・人物[編集]

鐘淵紡績社長だった武藤山治の次男として兵庫県に生まれた。慶應義塾普通部を中退後イギリスに渡り、ロンドンの私塾・ファンレー塾で学んだ。帰国後は鐘紡の子会社のひとつだった昭和産業に入社した。1933年、同社が鐘紡に吸収された後は神戸営業所で勤務した後、下京工場および大阪工場で工場長を歴任した。

1947年公職追放により旧経営陣が追放されたことを受けて社長に就任、のちに関西財界の重鎮となる。社長就任当時の鐘紡は第二次世界大戦の敗戦や空襲で海外資産や国内外の工場などを失い、多数の引き上げ社員を抱えていたところに、さらに過度経済力集中排除法の適用を受けて非繊維事業を鐘淵化学工業として分離独立させるなど、苦しい状態が続いた。武藤は父・山治から引き継いだ「運命共同体主義」で再建に努め、銀行からの借入金を返済して経営多角化を進め、1961年には化粧品事業が鐘紡に復帰した。

その後、「グレーター・カネボウ計画」の一環として1964年にはハリスを合併して食品事業に進出し、1966年には山城製薬の経営権を譲り受けて薬品事業へ進出し、また繊維事業でもナイロン・ポリエステルの生産を始めるなど、多角経営を図った。

一方でワンマン経営者でもあったため一部の役員の反発を買い、1960年に会長に棚上げされたが、翌年には社長に復帰。1968年、社長を伊藤淳二に譲って退任し、再び会長になった。1968年に慶應義塾連合三田会会長に就任したが、在任中に死去。前任者の松田伊三雄が急遽再任された。

関連項目[編集]