武藤虎太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武藤虎太
武藤虎太

武藤 虎太(むとう とらた、慶応3年7月7日[1]1867年8月6日) - 昭和9年(1934年3月29日[2])は、日本教育者

経歴[編集]

肥後国菊池郡戸崎村(現在の熊本県菊池市)に熊本藩士衆議院議員武藤一忠の長男として生まれた[1]1895年(明治28年)、東京帝国大学文科大学国史科を卒業[1]第五高等学校教授、第二高等学校教授、同校長を務め、1920年大正9年)より2年間欧米を視察した[3]1921年(大正10年)、第四高等学校校長となり、のち第五高等学校校長に転じた[3]

退官後は、第五高等学校名誉教授の称号を受けた[3]。その他、維新史料編纂会委員を務めた[3]

著書[編集]

  • 『東洋史提綱』(英華堂、1901年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大衆人事録 1930.
  2. ^ 『官報』第2176号、昭和9年4月6日。
  3. ^ a b c d 人事興信録 1934.

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版(下)』人事興信所、1934年。