武藤頼平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
武藤頼平
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 不明
死没 不明
墓所 武蔵国久良岐郡師岡郷
幕府 鎌倉幕府
主君 平知盛源頼朝
氏族 武藤氏
父母 父:武藤頼兼
猶父:武藤(島田)景頼(近藤貞成)
兄弟 近藤能成、頼平、平知盛室[1]
頼高、氏平、宗平
猶子:資頼

武藤 頼平(むとう よりひら)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将御家人

略歴[編集]

武藤氏藤原北家の後裔。藤原秀郷あるいは藤原道長の流れを汲むとされる。

父・武藤(島田)景頼と同じく武者所に出仕した[2]。『武藤系図』によれば、頼平の姉妹が平知盛の室で平知章の母とある。平知盛の目代として武蔵国に在住したという。

その後、治承4年(1180年)からの治承・寿永の乱源頼朝に臣従し、鎌倉幕府御家人となる。墓所は武蔵久良岐郡師岡郷[3]にあったという。

子・氏平の子孫は大宝寺氏、猶子・資頼の子孫は少弐氏とそれぞれ名乗った。また、兄・近藤能成の子に大友氏の祖である大友能直がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 『武藤系図』。
  2. ^ 尊卑分脈
  3. ^ 神奈川県横浜市港北区師岡町。