歩兵第15連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
歩兵第15連隊
Imperial Japanese Army 15th Infantry Regiment monument.jpg
歩兵第十五聯隊趾(高崎城址)
創設 1884年(明治17年)5月
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 歩兵
所在地 日本 - 満州 - パラオ
編成地 高崎
通称号/略称 照7757
補充担任 高崎連隊区 - 前橋連隊区
上級単位 東京鎮台 - 第1師団 - 第14師団
最終位置 パラオ
主な戦歴 日清 - 日露 - シベリア出兵 - 第一次上海事変 - 満洲事変 - 支那事変 - 第二次世界大戦
テンプレートを表示

歩兵第15連隊(ほへいだい15れんたい、歩兵第十五聯隊)は、大日本帝国陸軍歩兵連隊のひとつ。西南戦争後の軍備拡張によって、群馬県高崎市にて創設される。日清日露戦争から、満洲上海両事変、支那事変太平洋戦争とほぼすべての戦役に参加。終戦時はパラオにあった。

沿革[編集]

5月 - 満洲事変勃発とともに北満に転戦
  • 1934年(昭和9年)4月 - 帰還
  • 1937年(昭和12年)8月 - 支那事変勃発とともに大陸に出征、永定河渡河作戦に参加。その後、保定、彰徳、山西省徐州を転戦
  • 1939年(昭和14年)12月 - 高崎に復員
  • 1940年(昭和15年)8月 - 師団とともに満洲移駐となり、チチハルに駐屯
  • 1944年(昭和19年)2月 - 南方派遣令
4月24日 - パラオに到着、第3大隊(大隊長千明(ちぎら)大尉)のみペリリュー島歩兵第2連隊に分遣
11月 - 第2大隊が激戦中のペリリュー島に逆上陸

歴代連隊長[編集]

歴代の連隊長
(特記ない限り陸軍大佐
氏名 在任期間 備考
1 古川氏潔 1885.5.26 - 1885.10.10 中佐
2 河野通好 1886.6.17 - 1896.9.25 中佐、1891.9.大佐
3 飯田俊助 1896.9.25 -
4 太田貞固 1898.10.1 - 1900.10.31 中佐、1900.4.大佐
5 井口五郎 1900.10.31 - 1903.9.23 中佐、1902.11.大佐
6 千田貞幹 1903.9.23 - 中佐、1905.3.大佐
7 戸板百十彦 1904.12.12 - 中佐
8 五十君弘太郎 1905.3.17 - 1906.3.9 中佐、戦傷
9 渡辺湊 1906.3.14 - 1911.9.6 中佐、1907.11.大佐
10 米津逸三 1911.9.6 - 1912.9.28
11 大野豊四 1912.9.28 - 1913.8.22
12 古木秀太郎 1913.8.22 -
13 円藤作蔵 1918.7.24 -
14 中村定吉 1920.12.1 -
15 井上璞 1922.8.15 -
16 山口十八 1923.8.6 -
17 内藤貞一 1924.8.20 -
18 藤田進 1928.3.8 -
19 谷実夫 1929.8.1 -
20 高橋勘二 1931.8.1 -
21 甘粕重太郎 1932.5.3 -
22 役山久義 1933.12.20 -
23 中井良太郎 1935.8.1[1] -
24 森田範正 1936.8.1 -
25 井上靖 1938.3.1 -
26 植松操 1939.3.9 -
27 高山亀夫 1939.6.23 -
福井義介 1943.6.1 終戦時

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2575号、昭和10年8月2日。

参考文献[編集]

  • 『日本陸軍連隊総覧 歩兵編(別冊歴史読本)』(新人物往来社、1990年)
  • 原剛『明治期国土防衛史』(錦正社、2002年)
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目[編集]