歩兵第70連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
歩兵第70連隊
創設 1907年
廃止 1945年
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 歩兵
所在地 大阪 - 篠山
通称号/略称 国4905
上級単位 第4師団 - 第25師団
最終位置 宮崎県 野尻
主な戦歴 日中 - 第二次世界大戦
テンプレートを表示

歩兵第70連隊(ほへいだい70れんたい、歩兵第七十聯隊)は、大日本帝国陸軍連隊のひとつ。裏山を演習場代わりにした苛烈な訓練で、「丹波の鬼」と称された。

沿革[編集]

9月 - 第4師団第7旅団隷下で編成
11月4日 - 大阪市東区法円坂町歩兵第8連隊および歩兵第37連隊内で事務を開始[1]
3月21日 - 兵庫県多紀郡岡野村に移転[2]
5月8日 - 軍旗拝受
8月 - 第4師団から第25師団に所属変更、佳木斯に終結
9月 - 錦州に移駐
11月 - 林口県に移駐
4月 - 本土防衛のため九州に移動
8月 - 終戦

歴代連隊長[編集]

歩兵第七十聨隊跡
歴代の連隊長
(特記ない限り陸軍大佐
氏名 在任期間 備考
1 飯田左門 1907.10.22 - 1910.5.14
2 板橋次郎 1910.5.14 - 1914.8.10
3 細野辰雄 1914.8.10 - 1917.8.6
4 元田亨吉 1917.8.6 -
5 石関春 1921.4.1 - 1923.8.6[3]
6 中谷勘作 1923.8.6 -
7 加藤惣次郎 1926.3.2 -
8 藤野嘉市 1928.8.10 -
9 土屋喜之助 1930.8.1 -
10 上森猛省 1932.8.8 -
11 中川広 1934.8.1 -
12 越生虎之助 1936.8.1 -
13 石川浩三郎 1937.12.8 -
14 岩部重雄 1939.3.9 -
15 川島正 1942.2.9 -
石川粂吉 1944.8.25 -

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7315号、明治40年11月14日。
  2. ^ 『官報』第7424号、明治41年3月30日。
  3. ^ 『官報』第3306号、大正12年8月7日。

参考文献[編集]

  • 『日本陸軍連隊総覧 歩兵編(別冊歴史読本)』新人物往来社、1990年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 官報

関連項目[編集]