歪んだ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
歪んだ王国
谷山浩子スタジオ・アルバム
リリース
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース 谷山浩子石井AQ
チャート最高順位
谷山浩子 年表
ボクハ・キミガ・スキ
1991年
歪んだ王国
1992年
天空歌集
1993年
テンプレートを表示

歪んだ王国』(ゆがんだおうこく)は谷山浩子の19作目のアルバム。

解説[編集]

ゲド戦記』の第2巻『こわれた腕環』をモチーフにしたというゴシックロマン的な雰囲気の「王国」[1]から始まる暗い・耽美・美少年的な雰囲気の曲で構成される。

「悲しみの時計少女」は谷山自身の同名の小説に基づいている[1]。小説『悲しみの時計少女』は、時計中毒の「浩子」が「魚男」と「時計少女」と共に鎌倉にある時計屋敷を訪ねる話。NHK-FMの『サウンド夢工房』にて『谷山浩子の悲しみの時計少女』としてラジオドラマ化された(同番組で制作されたラジオドラマの中でも人気が高く、後に後身である『青春アドベンチャー』でも3回再放送されている)。このラジオドラマでは、「悲しみの時計少女」が本アルバムに収録されたものとは別アレンジバージョンで挿入歌として使用されている。

「会いたくて」は同じくNHK-FMの青春アドベンチャーで放送されたラジオドラマ「おしまいの日」(原作:新井素子)の主題歌で、この作品では谷山自身も声優として出演している。

「王国」終盤のサイドボーカルは谷山のファンでもある作家の綾辻行人が担当している[1]

最後の曲「HATO TO MAGI」から最初の「王国」に戻る循環構造となっている。

収録曲[編集]

  1. 王国
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:石井AQ・谷山浩子
  2. 会いたくて
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:石井AQ・谷山浩子
    NHK-FM・青春アドベンチャー「おしまいの日」主題歌
  3. さよならのペガサス
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:倉田信雄
    杉本理恵への提供曲
  4. Elfin
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:斉藤ネコ
  5. アーク〜きみの夢をみた〜
    作詞:谷山浩子・水沢めぐみ、作曲:谷山浩子、編曲:斉藤ネコ
    水沢めぐみイメージアルバム『空色のメロディ』収録の「いつか きみと…」(歌:笠原弘子)の歌詞差し替え版。
  6. 悲しみの時計少女
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:渡辺等
    NHK-FM・サウンド夢工房「谷山浩子の悲しみの時計少女」挿入歌(実際に放送されたものとは音源が異なる)。
  7. 落ちてきた少年
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:石井AQ・谷山浩子
    杉本理恵への提供曲
  8. 気づかれてはいけない
    作詞:綾辻行人、作曲:谷山浩子、編曲:渡辺等
  9. 時計館の殺人
    作詞:綾辻行人、作曲:谷山浩子、編曲:斉藤ネコ
  10. HATO TO MAGI
    作詞・作曲:谷山浩子
    次作のアルバム『天空歌集』の収録曲「マギー」はこの曲を大幅にアレンジしたものである[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ストレンジ・デイズ 『谷山浩子40周年記念百科全書』 日興企画、東京、2013年1月15日、91頁。ISBN 978-4-88877-662-2。