歳時記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

歳時記(さいじき)は、「歳事記」とも書き元々、四季の事物や年中行事などをまとめた書物のことであった。江戸時代以降の日本では、主として俳諧俳句季語を集めて分類し、季語ごとに解説と例句を加えた書物のことを指すようになった。

概要[編集]

日本では・荊楚地方の年中行事をまとめた『荊楚歳時記』が奈良時代に伝来したことから、その後「歳時記」が用いられたとされている。日本の歳時記としては、貝原益軒による貞享5年(1688年)の『日本歳時記』(京都日新堂刊)が始まりとされる。『日本歳時記』では、季節ごとの風俗や行事、動植物について、江戸初期の行事や暮らしに関する挿絵を随所にはさみ説明されている。また、江戸後期文化3年(1806年)に出版された速水恒章による『諸国図会年中行事大成』は、江戸で暮らす人々の年中行事を挿絵表現を中心に描いている。

一方、季語を収集した「季寄せ」や四季別の類題集句集は連歌のころから存在していたが、両者の要素を組み合わせたものとしては北村季吟の『山の井』(1647年)が最初であった。この種の書物で「歳時記」の名を最初に使ったのは曲亭馬琴の『俳諧歳時記』(1803年)で、明治になっても増補版が翻刻されていた。

1872年12月より日本に太陽暦が導入され、歳時記の内容に大きな混乱をもたらした。1874年の『俳諧貝合』(香夢)が陽暦による最初の歳時記であり、同年序の『ねぶりのひま』(四睡庵壺公編)では四季とは別に新年の部を立て、立春を2月において陰暦から1か月遅れで調整しており、現在の歳時記の多くがこの方法を引き継いでいる。その後改造社の『俳諧歳時記』(1933年、全5巻)が出て近代の歳時記の体裁が整えられた。

沖縄県では季節感や動植物、方言などの多様性から、2017年には沖縄県現代俳句協会編『沖縄歳時記』(文学の森)が刊行されている。

参考文献[編集]

  • 『現代俳句大事典』 三省堂、2005年
  • 『現代俳句ハンドブック』 雄山閣、1995年

関連項目[編集]