死との約束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
死との約束
Appointment with Death
著者 アガサ・クリスティー
訳者 高橋豊
発行日 イギリスの旗1938年5月2日
日本の旗1988年5月31日
発行元 イギリスの旗Collins Crime Club
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 ナイルに死す
次作 ポアロのクリスマス
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

死との約束』(しとのやくそく、原題:Appointment with Death)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティ1938年に発表した長編推理小説である。

エルキュール・ポアロシリーズの作品のひとつであるとともに、中近東シリーズの長編第3作である[1]

あらすじ[編集]

エルサレムを訪れたポアロが耳にしたのは、「いいかい、彼女を殺してしまわなきゃいけないんだよ」という男女の囁きだった。やがて、ヨルダンの古都ペトラを舞台に殺人事件が起こる。

解説[編集]

物語は2部構成で、第一部は殺人が起こるまで、第二部でその後の顛末が描かれる。ポアロが登場するのは(プロローグと)第二部のみである。

登場人物[編集]

  • エルキュール・ポアロ
  • ボイントン夫人 - 金持ちの老婦人
    原作では名前が明記されていない。下記の映画版においてはエミリー・ボイントンと呼称される。
  • レノックス・ボイントン - ボイントン夫人の長男
  • ネイディーン・ボイントン - レノックスの妻
  • レイモンド・ボイントン - ボイントン夫人の次男
  • キャロル・ボイントン - ボイントン夫人の長女
  • ジネヴラ・ボイントン - ボイントン夫人の次女
  • ジェファーソン・コープ - アメリカ人、ネイディーンの友人
  • サラ・キング - 女医
  • テオドール・ジェラール - フランス人、心理学者
  • ウエストホルム卿夫人 - 下院議員
  • アマベル・ピアス - 保母
  • カーバリ大佐 - アンマン警察署長、ポアロの旧友

日本語訳[編集]

本作品は、早川書房の日本語版翻訳権独占作品となっている。

出版年 タイトル 出版社 文庫名 訳者 巻末 ページ数 ISBNコード カバーデザイン 備考
1957年
7月31日
死との約束 早川書房 世界探偵小説全集343 高橋豊 218
1978年
5月31日
死との約束 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫 HM1-33 高橋豊 311 ISBN 4-15-070033-8 真鍋博
2004年
5月14日
死との約束 早川書房 ハヤカワ・クリスティー文庫 16 高橋豊 「だって、彼女は殺されるんでしょ?」
東野さやか
384 ISBN 978-4151300165 Hayakawa Design

翻案作品[編集]

  • 1945年に "Appointment with Death" の題名でクリスティ自身が戯曲化した。ポアロは登場せず、また結末が原作とは異なる。国内では論創社から刊行された『十人の小さなインディアン』に収録されている。
  • 1988年に『死海殺人事件』の題で映画化された。マイケル・ウィナー監督、ピーター・ユスティノフ主演。
  • デビッド・スーシェ主演の「名探偵ポワロ」シリーズにおいて、第11シリーズとして、2009年に映像化されている(シリアの発掘現場が舞台になっており、殺害方法や結末なども原作とは大幅に異なる)。
  • ラジオドラマが、BBC Radio 4で放送されている。
  • 2021年3月6日に三谷幸喜脚本で舞台を日本に変えて勝呂シリーズ第3弾としてフジテレビで放送された[2]。ポアロにあたる勝呂武尊(すぐろ たける)を野村萬斎が演じた[2]

脚注[編集]