死人狩り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

死人狩り』(しびとがり)は、笹沢左保推理小説、またそれを原作としたテレビドラマ

あらすじ[編集]

西伊豆を走行中の路線バスが崖下に転落、乗客27人もろとも海中に没した。バスの乗客には静岡県警の浦上の妻子も含まれていた。当初は事故だと思われたが、実は転落直前に何者かによる散弾銃による銃撃を受けていたことが判明。警察は乗客の誰かに恨みを持つ者の犯行と断定する。だが犯人は27人のうちの誰を、何の目的で狙ったのか? 憎むべき犯人にたどり着くには、犠牲者たちの背景を一人ずつ洗う死人狩りしか方法はない。浦上の執念の捜査によって浮かび上がる犠牲者たちの秘密とは、そして犯人とは?

テレビドラマ[編集]

1965年版[編集]

乗っていたのは二十七人
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日20:00〜20:56(56分)
放送期間 1965年5月29日〜1965年11月13日(25回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NET(現・テレビ朝日)東映
演出 鈴木敏郎、今村農夫也、渡辺成男、北村秀敏
脚本 大津皓一阿部桂一、小滝光郎、押川國秋
プロデューサー 吉津正、塙淳一
出演者 高松英郎高原駿雄 ほか
オープニング 作曲:池田正義

特記事項:
モノクロームで放送。
テンプレートを表示

本作を原作に、『乗っていたのは二十七人』(のっていたのはにじゅうしちにん)のタイトルで、1965年5月29日から同年11月13日まで、NETテレビ(現・テレビ朝日)系列にて放映された。全25話。

放映データ[編集]

  • 放映期間:1965年5月29日〜1965年11月13日
  • 放映曜日・放映時間帯:毎週土曜日20時〜20時56分
  • 放映話数:全25話
  • 放映形式:モノクロ16mmフィルム

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

放映リスト[編集]

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1965年5月29日 生存者なし 大津皓一 鈴木敏郎 永井柳太郎、堀越節子
2 6月5日 暗い家 増田順司渚健二
3 6月12日 現金百万円 阿部桂一 今村農夫也 荒木一郎桑山正一桜むつ子
4 6月19日 生きていた! 名和宏江見俊太郎
5 6月26日 名誉 押川國秋 鈴木敏郎 村上冬樹、桧晋樹、河村弘二
6 7月3日 女狂い 永井秀明築地容子林洋子
7 7月10日 誘惑 大津皓一 今村農夫也 近衛敏明青野平義、渡辺明
8 7月17日 目撃者 中江隆介、小松方正
9 7月24日 狂犬 阿部桂一 鈴木敏郎 吉野憲司、本間文子、広田進司
10 7月31日 襲撃 福原秀雄、宮川洋一柴田秀勝
11 8月7日 断崖 小滝光郎 今村農夫也 馬渕晴子、福原秀雄
12 8月14日 異母兄弟
13 8月21日 失踪 阿部桂一 鈴木敏郎
14 8月28日 転任命令 大津皓一 飯田覚三
15 9月4日 張込み 阿部桂一 今村農夫也
16 9月11日 脅迫 水木恵子今井健二、原田甲子郎
17 9月18日 白い牙 小滝光郎 渡辺成男 武内文平、津田耕次、黒丸良
18 9月25日 犯された巨塔 武藤英司緒方敏也森山周一郎
19 10月2日 殺意 押川國秋 北村秀敏 岩城力也上田忠好
20 10月9日 けだもの 安藤三男、藤野高子、杉浦宏
21 10月16日 愛と憎しみと 阿部桂一 渡辺成男 岩城力也、蔵悦子、橋本菊子
22 10月23日 女狐
23 10月30日 弾丸 大津皓一 北村秀敏 西田昭市金井大、飛鷹一、岸旗江柳谷寛
24 11月6日 挑戦 久仁博史
25 11月13日 真犯人(ほんぼし)
NET(現・テレビ朝日) 土曜20時台
前番組 番組名 次番組
乗っていたのは二十七人

1978年版[編集]

1978年12月16日から1979年1月13日まで、フジテレビゴールデンドラマシリーズとして全5話が放送されたテレビドラマ。放送時間は毎週土曜日22:00~22:54。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]