死神の矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金田一耕助 > 死神の矢

死神の矢』(しにがみのや)は、横溝正史の長編推理小説。「金田一耕助シリーズ」の一つ。

概要と解説[編集]

原形は『面白倶楽部』1956年昭和31年)3月号に掲載された短編で、同年5月、東京文芸社から約3倍半の長さに改稿され、書き下ろしされた。

巻頭のユリシーズの伝説にならった弓勢(ゆんぜい)比べによる婿選びは、アール・デア・ビガーズの『チャーリー・チャン最後の事件』によるもので、横溝正史はこの作品を『探偵小説』誌の編集に携わっていた1932年(昭和7年)に読んでいる。正史はこの設定を『人形佐七捕物帖』の『三本の矢』として流用し、さらに現代劇として創作したのが本作である[1]

長編は角川文庫『死神の矢』(ISBN 4-04-130433-4) ・春陽文庫『死神の矢』(ISBN 4-39-439517-8) として出版されていた。原形の短編は出版芸術社、のちに光文社文庫から発行された『金田一耕助の新冒険』(ISBN 4-33-473276-3) に収録されている。

短編から長編に変更するにあたって、百合若大臣の伝説、追加の登場人物、オネスト・ジョン関連の描写、金田一耕助が古館博士の契丹文化の講演会を見学する場面などが書き加えられている。

作者は「矢」のついた題名を好む傾向にあり、捕物帖でも上述の『三本の矢』のほかに、『白羽の矢』・『恋の通し矢』・『当り矢』などがあり、金田一シリーズにもほかに『毒の矢』がある。由利・三津木シリーズにも『神の矢』があり、雑誌『ロック』の廃刊により2回連載で未完に終わった[2]

あらすじ[編集]

考古学者にして弓の蒐集家である古館博士は娘、早苗の三人の求婚者に弓勢比べをさせ、海上のハートマークの的を矢で射止めたものを婿として選ぶという競技を行った。しかし、的を射抜いた婿が決定した途端、矢が何者かによって盗まれ、その晩、候補者であった伊沢透が競技で用いられた矢で殺された。容疑者として、伊沢を脅迫していた元ボクサー、オネスト・ジョンこと駒田準の名があがる。博士と旧知の間柄であり、その場に居合わせた金田一耕助は事件に関与することになる。

それからひと月後、東京で第二の殺人が行われた。

登場人物[編集]

金田一耕助
私立探偵。古館博士とは以前にとある事件の解決に協力し、知己を得るようになった。
古館博士
考古学者。弓の蒐集家。片瀬在住。五尺八寸(約175センチメートル)・体重二十貫(約75キログラム)の大躯で、家庭では専制君主である。奇矯な性格で、娘の婿選びにユリシーズの伝説に習った競技を実行させる。愛妻家であったが、妻の操を交通事故でなくしている。
ジョン・ディクスン・カーフェル博士を彷彿とさせるキャラクターである。
古館早苗
博士の一人娘。父親の奇行に振り回されつつ、それを受け流している。加納と相思相愛の間柄にある。松野田鶴子よりバレエを習っている。
加納三郎
古館博士の弟子。30歳前後。早苗に好意を抱いているが、博士に言い出せずにいる。
佐伯達子
古館家の住み込みの家庭教師。通称ママさん。早苗の養育を博士から任される。天涯孤独の境遇で、早苗の結婚後、同じ身の上の三田村文代と共同生活をすることになっていた。
三田村文代
早苗の友人でバレリスト。孤児でバレエの師匠である松野田鶴子に育てられる。睡眠薬の服用ミスで事故死している。
松野田鶴子
松野バレー研究所の責任者。早苗・文代らのバレエの師。40歳過ぎ。
相良恵子
松野田鶴子の弟子。早苗の友人。
河合滝子
松野田鶴子の弟子。早苗の友人。
高見沢康雄
銀座の高見沢写真機店の令息。プレイボーイ。早苗の求婚者の一人。
神部大助
神部産業の子息。プレイボーイ。でっぷりとした体付きをしている。早苗の求婚者の一人。
伊沢透
第一の被害者。透き通るように色白で、小柄で華奢なにやけた男。プレイボーイ。早苗の求婚者の一人。
八木健一
貸しボート屋 「ちどり」の事務員。何者かに三本の矢を盗むよう、依頼される。
駒田準
通称オネスト・ジョン。元ボクサーでリング名はジョン駒田。ミドル級選手権保持者。キャバレー「焔」の用心棒をつとめる一方で、ヒロポン密売に関与する。伊沢透を脅迫していた。
杉原朱実
キャバレー「焔」のダンサー。オネスト・ジョンの情婦。妖精のような雰囲気を有している。伊沢の子を流産している。
田口京子
神部大助の愛人。
等々力大志
警視庁警部
内山
所轄警察の警部補。本事件の捜査主任。かつて伊豆の修善寺にいて、『女王蜂』事件に携わったことがある。
川合
所轄警察の刑事
井筒
所轄警察の刑事。
古川
所轄警察の刑事。

テレビドラマ[編集]

名探偵・金田一耕助シリーズ・死神の矢』は、TBS系列の2時間ドラマ 「月曜ドラマスペシャル」(毎週月曜日21時 -21時54分)で、1989年3月27日に放送された。舞台が江の島の海岸から琵琶湖に変更されている。

キャスト

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『金田一耕助の新冒険』(出版芸術社、1995年)作品解説、文:浜田知明より
  2. ^ 角川文庫『死神の矢』解説、文:中島河太郎より

関連項目[編集]